モテる男を作るメンズスキンケアについてインスタで発信中

with(ウィズ)にもいるサクラ・業者の特徴とは!通報する方法も紹介

真面目な交際や出会いを求め、withを利用している人にとっては、サクラや業者がいるのか気になるところですよね。

今回は、withに潜むサクラや業者の特徴と見分け方、さらには通報の仕方まで解説していきます。恋活を有利に進めるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読むと分かること
  • withによくいるサクラ・業者の特徴
  • withを使う上で気をつけたいメッセージ
  • アプリ内で通報する方法

これから利用する方は、with(ウィズ)のリアルな口コミ・評判もぜひチェックしてみてください。

withによくいるサクラ•業者の特徴とは

withのサクラや業者の特徴

サクラと業者は違うのか

サクラとは

運営側が雇う、偽の利用者のことです。アプリ内の活動を活発化する目的や課金・有料会員を増やす目的があります。

サクラは見かけ上、通常の利用者と同じに見えますが、真の目的は出会いではありません。

やり取りを続けていても、出会えることはないため注意が必要です。

業者とは

出会いを目的とせず、ビジネスや営業を目的としている利用者のことです。ビジネスや営業とは、宗教へ勧誘、情報商材の販売、偽物ブランド商品の販売などです。

サクラと異なるのは、利用者は自らマッチングアプリを登録していて、運営側は関与していないという点です。

こちらも同様に、いい出会いには繋がりません。マッチングアプリを効率的に利用するためにも通常の利用者との違いを見極められるようにしましょう。

 

サクラや業者の主な特徴

見分けるためのポイントがいくつかありますので、順に詳しく解説していきます。

サクラや業者の特徴
  • プロフィール写真が異常に綺麗
  • 高級車など高収入であると感じさせる写真を載せている
  • プロフィール欄に空欄が多い
  • 自己紹介文が簡単すぎる

プロフィール写真がプロの撮影のようにきれいなもの

写真が明らかにきれいすぎる、イケメンすぎるといった場合は注意が必要です。

自分の写真を載せないために、モデルや芸能人を写真として載せている可能性もあります。

出会いを目的として利用している人であれば、いずれ自身の顔でないことはバレてしまうので、そのようなことはしません。

サクラや業者でなくても、身元を隠すために自身の写真を利用していない人も中にはいるでしょうが、いずれにせよ、マッチングしてもいい出会いとは繋がりにくく、避けたほうが無難です。

 

高収入であると感じさせる高級車の写真を載せている

のちに情報商材の販売やビジネスの勧誘へと進めるために、お金を稼いでいると積極的にアピールしているパターンです。

高級車の写真で関心を集めることができれば、お金に強い関心のある利用者とマッチングでき、ビジネスの話をスムーズに進められます。

あからさまにお金を持っているとアピールをしてくる人には、注意しましょう。

 

プロフィールの登録項目に空欄が多い

サクラや業者は目的が恋活ではないため、プロフィール欄の登録は簡単になりがちです。

最低限の情報を登録し、自分からいいねを送れば、マッチング数を多く確保することはできてしまうからです。それに加え、本来の目的でアプリを利用していないので、自身の情報を過度に相手に伝えるのを嫌います。

相手からいいねを送られてきた際には、プロフィールに空欄が多くないか、好みカードや診断などその他に登録している情報が少なくないかをチェックしましょう。

 

自己紹介の文が簡単すぎる、もしくは初期設定のまま

プロフィール欄の空白と同様に、自己紹介文も簡素になりがちです。もしくは、初期に設定されている定型文のままであることが多いです。

ですが、通常の利用者であっても、自己紹介文が簡単な人や定型文のままの人も存在します。

ですので、自己紹介文だけで判断するのはやめ、サクラや業者が疑われる基準が他にもないか確認しましょう。

 

以上の4つが見分けるための主なポイントです。

これらが複数当てはまる場合には、サクラや業者を疑ったほうが良いでしょう。

怪しい勧誘などを受けたらwithでブロックして、運営に通報しましょう。(通報する手順は後ほど紹介)

 

withで気を付けるべきメッセージまとめ

withで気を付けるべきメッセージ

サクラや業者と思われる人は、メッセージのやりとりの中にも特徴があります。

気をつけるべきメッセージ
  • すぐに他のサイトやリンクを送ってくる
  • すぐにライン交換したがる

マッチング前に気づくことができなかった場合には、実際にメッセージをやりとりするようになってから気づくケースも多いようです。

すぐに他のサイトやリンクを送ってくる

サクラや業者と思われる人の中には、メッセージのやり取りを初めてすぐに他のサイトやリンクを送って来る人もいます。

自身のブログを紹介してきたり、商品のリンクを送ってきたりと様々です。

仲良くなるのが目的なら、サイトやリンクを送ってくることはまずありません。こういうパターンに遭遇したら、返信するのはやめ、ブロックするか通報をするようにしましょう。

 

やりとりを始めて間もないのに、ライン交換を要求してくる

メッセージでお互いのことをよく知り、信頼感を構築してからライン交換をするのが一般的です。相手の気持ちも考えず、ラインをやりとりしてすぐに交換しようとする人には要注意です。

こういった場合、実際に会うまでのスピードを重視しており、なるべく早く会ってビジネスの話を持ちかけたい意図があります。

また、業者の中には個人情報の収集を目的としていることもあります。ライン交換を持ちかけておきながら、交換できたらすぐにあちらからブロックしてきます。

ライン交換は個人情報に含まれますので、あくまでも信頼できる人にだけ了承するようにしましょう。

 

withのアプリ内で通報する流れ

withで通報する流れ

withのアプリで通報する手順

withのアプリ内で、実際にサクラや業者にあった場合は、通報しましょう。

その手順は、以下のたった4ステップで完了します。

  1. 通報したい相手のプロフィール欄にある、右上の「・・・」のマークをタップする
  2. 「通報する」をタップする
  3. 「違反項目」と「具体的な理由」を記入する
  4. 画面を下にスクロールした先にあるピンク色のボタン「通報する」をタップする

では、実際にwithの画面とともに、流れを確認していきましょう。

STEP.1

通報したい相手のプロフィール欄にある、右上の「・・・」のマークをタップします。

STEP.2

「通報する」をタップします。

STEP.3

「違反項目」と「具体的な理由」を記入します。

STEP.4

画面を下にスクロールした先にあるピンク色のボタン「通報する」をタップします。

STEP.5

これで、サクラや業者の通報は完了です。

手順を追って行えば、数秒で終わるほど簡単に行えます。

 

通報された相手はどうなるのか

通報された相手は、withの運営側が違反行為を確認し次第、アカウント利用停止処分となります。

アプリ内で違反行為をしていた場合、運営側はすぐに事実確認ができますので、比較的早い段階で利用停止処分がなされます。

注意

直接会った際の違反行為については、運営側が事実確認をすることは難しいため、アカウント利用停止となるまでには少し時間がかかると思われます。

ただ、同じアカウントに対して複数の通報があった場合には、違反行為の可能性が高いとみなされ、すぐにアカウント停止処分される場合が多いようです。

なお、通報したお相手に、通報された等の通知はされません。その点は心配せずに、通報しちゃいましょう。

 

まとめ

withでは、365日24時間、運営側が監視・管理しています。

そのため、サクラは起用するメリットがなく、withのアプリ内にいる可能性は少ないでしょう。ですが、悪質な業者はいないとは限りません。

判断基準をきちんと押さえ、怪しいと感じた場合には、早急に対応しましょう。

相性の良い異性が見つかるアプリ「with」(ウィズ)

メンタリストDaigo監修によるマッチングアプリです。

アプリのデザインや操作性は他のアプリと比較してもかなり質が良いと感じるはずです。

性格診断で自分と合う相手を探すことができるので、内面重視な人におすすめです。

facebookでログインしてもfacebookの友達にバレることはないので、安心して利用できます。

withを使ってみる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *