〜 403人が選ぶおすすめのマッチングアプリ!プロが語る正しい選び方も紹介 〜

飲み友達が作れるおすすめの方法

最近ではスマートフォンなどの普及により飲み友達を作るのが容易になってきました。

そこで、今回の記事では飲み友達が作れるおすすめの方法について紹介します。

オフラインやオンライン問わず、多くの方法を記載している内容です。

そのため、これから飲み友達を増やしていきたいという方は是非参考にしてください。

この記事を読むと分かること
  • 相席屋のメリットやデメリットなど
  • コミュニティサイトのメリットやデメリットなど
  • マッチングアプリのメリットやデメリットなど
  • 街コンのメリットやデメリットなど
  • SNSのメリットやデメリットなど

相席屋

相席屋

飲み友達を探すのであれば、相席屋を活用するのも良いでしょう。

相席屋は全国に70店舗以上存在しており、非常に人気の高い相席居酒屋になっています。

相席屋は男女で楽しめるため、会話が盛り上がること間違いなしでしょう。

そこで、ここからはそんな飲み友達を作るのに最適な相席屋について詳しく紹介します。

相席屋公式サイト

相席屋について
  • 相席屋の料金システム
  • 相席屋の仕様
  • 相席屋のメリット
  • 相席屋のデメリット

相席屋の料金システム

相席屋は下記のような料金システムになっていることが特徴的です。

男性1人当たりの料金(※女性は完全無料)
相席待ち無料
相席時(月〜木)550円/10分
相席時(金~日・祝・祝前日)650円/10分
フード・ドリンク食べ放題・飲み放題

サトウ

金~日・祝・祝前日は1時間滞在すると3,840円ほどかかる見込みになっています!

相席屋の仕様

相席屋は受付を済ませて席に着くと店員さんが異性を紹介してくれます。

初対面との方とも話しやすいようにセッティングしてくれるため安心です。

1人で来店することができないため、友人や知人と来ると良いでしょう。

また、深夜25時以降は10%の深夜料金が割増しとなるのも特徴の1つとなっています。

そのため、なるべく早い時間帯に来店するとリーズナブルに済むでしょう。

相席屋のメリット

女性は無料で飲める

相席屋の最大のメリットとしては女性は無料で飲めるというポイントが挙げられるでしょう。

料金は男性のみかかるシステムになっているので、女性側はコスパ良く飲食することが可能です。

そのため、女性側は初めて利用する場合でも負担なく安心して来店できます。

男女のグループで飲める

相席屋は必ず男女で飲めることが保証されていることが大きなポイントとなっています。

そのため、初対面の男女のグループでわいわい楽しく飲みたいという場合に非常におすすめです。

LINE交換なども自由なので、相席屋で出会った後でも仲を発展させることができます。

一回の来店で席替えをして様々なグループで飲めるので、飲み友達を増やしたいという方は是非活用してみましょう。

相席屋のデメリット

参加する際に友人や知人が必要

相席屋のデメリットとして挙げられるのが参加する際に友人や知人が必要となることです。

1人で相席屋に来店したとしてもサービスを利用することができないのであらかじめ注意が必要となります。

したがって、一緒に参加できそうな友人や知人が周りにいない場合は別の方法で飲み友達を作るようにしましょう。

男性の場合はお金がかかる

相席屋は女性が完全無料な代わりに男性が全て料金を負担する仕様になっています。

そのため、飲み友達を作るのにあまりコストを掛けたくないという男性の方には不向きと言えるでしょう。

実際に男性2人で来店して2時間くらい経つと合計で15,000円程度の料金が発生しています。

そのため、コスパを気にする場合は考え直して他の手段を検討することも大切です。

コミュニティサイト

コミュニティサイト

最近ではコミュニティサイトで飲み友達を作る方法も主流になってきました。

住んでいる地域が近い人と積極的に交流が図れるので、長期的な飲み友達になれることも珍しくありません。

そこで、今回はコミュニティサイトとして有名なジモティーを紹介します。

ジモティーの仕様やメリットについても触れているので参考にしてください。

ジモティー公式サイト

コミュニティサイトについて
  • ジモティーの仕様
  • ジモティーのメリット
  • ジモティーのデメリット

ジモティーの仕様

ジモティーの仕様

ジモティーでは「飲み友達」というキーワードで検索すると上記のような画面になります。

各エリアごとで飲み友達を探すことが可能なので、非常に便利です。

投稿者にメールで気軽にLINE交換などもできるのでスムーズに連絡できるのも大きなポイントとなります。

そのため、地元で飲み友達を積極的に見つけたい方に非常におすすめです。

ジモティーのメリット

費用が掛からない

ジモティーは会員登録無料で使えるため、コストをかけずに飲み友達を作れます。

サイトに投稿する際も無料なので、安心して募集をかけることが可能です。

そのため、できるだけコストをかけずに飲み友達を作りたいという方にジモティーは非常におすすめとなります。

頻繁に募集がかかっている

ジモティーでは割と高い頻度で飲み友達の募集がかかっています。

そこで、例として地域を東京に設定し、「飲み友達」というワードで検索してみましょう。

頻繁に募集がかかっている

実際に上記のように高い頻度で飲み友達を求めているユーザーを発見することができます。

そのため、少しでも早く飲み友達を作りたいという場合に便利です。

ジモティーのデメリット

ジモティーではマッチングアプリのように顔出しではないので、いまいち相手の素性が分かり辛くなっています。

初めてジモティーで飲み友達を募集する際は不安になるかもしれません。

そのため、もしジモティーを介して実際に会う際に不安な場合は相手にどのような人物なのか確認してみるのがおすすめです。

LINEなどでコミュニケーションを取るうちに相手の素性も分かってくるので、実際に会う場合は是非実践してみましょう。

マッチングアプリ

マッチングアプリ

マッチングアプリといえば、異性と出会うためのツールというイメージが強いかもしれません。

しかし、実際には友達を作ることに向いているマッチングアプリも存在するのです。

そこで、今回はマッチングアプリのJOIN USを紹介します。

実際の特徴や料金仕様も含めて解説するので参考にしてください。

JOIN US公式サイト

マッチングアプリについて
  • JOIN USの料金
  • JOIN USの特徴
  • JOIN USのメリット
  • JOIN USのデメリット

JOIN USの料金

JOIN USでは従来のマッチングアプリとは異なり、チャットパスというものを買う必要があります。

チャットパスを購入することで翌朝5時までチャットすることが可能です。

具体的には120~1220円の間で毎日ランダムで料金が変わるようになっています。

サトウ

JOIN USでは料金が変わる基準は明示されていません。そのため他のマッチングアプリとは違った珍しい仕様になってます。

参考飲み友探しのアプリ!JOIN US(ジョイナス)の使い方とは

JOIN USの特徴

JOIN USの特徴としては審査中の1週間は、無料でサービスを使えることがポイントとなっています。

他の審査制のマッチングアプリアプリだと、審査の間何もできないことが多いので便利な仕様と言えるでしょう。

そのため、まずはお試し間隔で使うことができるため安心して使い始めることが可能です。

JOIN USのメリット

会員の質が高い

JOIN USのメリットとして挙げられるのが会員の質が高いということです。

審査が厳しく、不審ユーザーなどが入りにくい仕様となっています。

そのため、JOIN USを使うことで安心して飲み友達を探せるでしょう。

少しでも安心して飲み友達を探したいという場合はJOIN USを検討してみることがおすすめです。

手軽に飲み友達を探せる

JOIN USでは手軽に飲み友達を探せることも大きなメリットです。

気になった相手にアプローチして、お互い気が合えばすぐにマッチングできます。

場合によってはその日のうちに相手と飲むことができるので非常に便利です。

そのため、どんどんスピーディに飲み友達を増やしたい方におすすめのマッチングアプリとなっています。

JOIN USのデメリット

会員の質が高い分、審査が厳しい

JOIN USのデメリットとして会員の質が高い分、審査が厳しいというデメリットがあります。

特に同期するFacebookアカウントも審査対象になり、全く投稿が無い場合などは審査に落ちやすいです。

また、Facebookの友達数が少ないとそれでもマイナス評価になります。

そのため、Facebookアカウントが全く充実していない場合は別の方法で飲み友達を作ることを検討しましょう。

費用が掛かる

JOIN USはマッチングアプリということもあり、費用が掛かることも大きなデメリットです。

1日で120~1220円かかるチャットパスを買う必要があるので、毎日使っていると費用がかさむ場合もあります。

そのため、できるだけ費用をかけずに飲み友達を作りたいという場合は他の手段も考えてみることがおすすめです。

街コン

街コン

婚活や恋活に活用されることの多い街コンですが、飲み友達を作る場合でも役立ちます。

初対面との男女で交流できるので、ドキドキしながら飲み友達を探せるでしょう。

そこで、ここからは街コンの特徴や費用相場について詳しく紹介します。

そのため、街コンで飲み友達を作りたいという場合は是非参考にしてください。

街コンについて
  • 街コンの特徴
  • 街コンの費用相場
  • 街コンのメリット
  • 街コンのデメリット

街コンの特徴

街コンはエリアごとに開催されるコンパとなっており、異性との出会いを求めた方が多く参加しています。

基本的には2人組などで参加することが多くなっていますが、1人で参加することのできる街コンも存在します。

美味しいフードや飲み物を取りながら男女で会話できるため、非常に居心地よく感じられるでしょう。

どんどん人に話しかけることで交流の輪が広がるので、コミュニケーションが得意な方には最適な出会いの場と言えるでしょう。

街コンの費用相場

街コンの大まかな費用相場は下記のようになっています。

  • 男性:6,000~10.000円/回
  • 女性:1,500~3,000円/回

特徴的なのが、マッチングアプリや相席屋と違って女性も料金が発生するという点です。

そのため、恋愛に対して真剣度の高い女性が多いのも特徴となっています。

サトウ

エリアなどによっても費用感は細かく異なるのであくまで目安ととらえるようにしましょう。

街コンのメリット

飲み友達だけではなく恋人も探せる

街コンは飲み友達を作ることも可能ですが、それと同時に恋人も探せることが大きなメリットです。

飲み友達から恋人に発展することもできるので、恋人も探したいという方にマッチしています。

街コンに参加している女性は真剣度も高いので、上手くいけば結婚を見据えた恋愛もできるでしょう。

人脈を広げられる

街コンのメリットは恋人候補や飲み友達を作れることだけではありません。

多くの人と出会えるので人脈を広げられることもメリットの一つとなっています。

コミュニケーション能力が高ければ一回の街コンで多くの飲み友達を作ることが可能でしょう。

そのため、人脈を広げていきたいという目的がある方にも街コンは非常におすすめとなります。

街コンのデメリット

ある程度コミュニケーション能力が必要となる

街コンはコミュニケーションがある程度必要となるため、初対面の方と話すことが苦手な方は苦労するかもしれません。

また、自分からどんどん話しかけていかないと輪の中に入っていけないこともあります。

そのため、少しコミュニケーション能力に自信がないという方は一度本当に街コンに申し込むかはよく検討しましょう。

恋人も探す場合はスペックが大切になる

もし、飲み友達だけではなく恋人も見つけたいという場合はある程度のスペックが必要になります。

参加する街コンによっては年収などが参加条件になってくる場合もあるでしょう。

したがって、自信のスペックにあまり自信がないという方は、まずは飲み友達を探すことに専念することがおすすめです。

SNS

SNS

SNSも飲み友達を作る際に最適です。

そこで、今回はTwitterをピックアップして紹介します。

メリットやデメリットも詳しく記載しているので、飲み友達を作る際のイメージの参考にしてください。

SNSについて
  • Twitterの特徴
  • Twitterを使うメリット
  • Twitterを使うデメリット

参考どうやって会うの?SNSで出会いを探す方法(mixi・Twitterなど)

Twitterの特徴

Twitterはアカウントがスムーズに作れるので飲み友達募集のアカウントを作成できます。

同じく飲み友達を募集しているアカウントも多く存在するので、コミュニティの中に入っていきやすいことも特徴的です。

積極的に繋がっていき、人脈を作っていくことで大規模なオフ会を開くこともできます。

そのため、インターネットで飲み友達を効率よく見つけたいのであればTwitterを使うことがおすすめです。

Twitterを使うメリット

費用をかけず飲み友達を探せる

Twitterは登録や使用についても無料なのが最大のメリットです。

他のサービスと違って、全く費用をかけずに飲み友達を探すことができるので非常にお得になります。

そのため、なるべくお金をかけないで飲み友達を探したいという方はTwitterを積極的に使ってみましょう。

ハッシュタグを使うことで飲み友達を効率よく探せる

Twitterにはハッシュタグ機能があるので上記のツイートのように飲み友達を効率よく探せます。

まずはリプライやDMから気軽に絡むことができるので、連絡するハードルも低いです。

近くに住んでいる方であれば短い期間で飲みに行くことも不可能ではありません。

したがって、無料で手軽に飲み友達を作りたいという場合はTwitterを活用してみましょう。

Twitterを使うデメリット

住んでいるエリアによっては飲み友達が見つけられないことがある

住んでいるエリアによってはTwitterで飲み友達を募集しても相手が見つからないという場合もあります。

特に都心から離れている人口の少ないエリアだと飲み友達が全く見つけられないこともあり得るでしょう。

そのため、ある程度の根気強さを求められる場合もあります。

そこでもし、どうしても飲み友達がTwitterで見つからない場合は,、バーや居酒屋で見つけるという方向にシフトしてみることも試してみましょう。

相手が住むエリアを確認する必要がある

Twitterで飲み友達を募集する際には相手が住むエリアを確認することが大切です。

もし、相手の住むエリアを確認しておかないと仲良くなっても飲みに行けないことがあります。

そうなると、時間の無駄になってしまうので、Twitterで絡む人の住んでいるエリアはあらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

今回の記事では飲み友達を作る方法を紹介しました。

オフラインやオンラインで飲み友達を作る方法を記載しているので、実際に比較して検討することが可能です。

したがって、今回紹介した方法で自分に合うものを選んで飲み友達を作ってみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *