モテる男を作るメンズスキンケアについてインスタで発信中

マッチングアプリで会う前に電話をするべき8つの理由!電話の誘い方も伝授

マッチングアプリで電話をする理由

皆さん、こんにちは。

いきなりですが、マッチングアプリでの恋活は「メッセージのやり取りとデートが大事」と思っていませんか?

実はメッセージとデートだけではなく、通話をうまく活用するのもとても重要なのです。

今回は電話をするメリットやデメリット、誘い方やタイミングまで徹底紹介。

電話を終えた後の注意点まで触れているので、よければ最後まで目を通してみてくださいね。

この記事を読むと分かること
  • マッチングアプリで電話をするメリット・デメリット
  • 電話に誘うタイミングと良い誘い方
  • 緊張してしまう人向けの話題の作り方
  • 電話した後のアフターメッセージ

マッチングアプリで会う前に電話をするメリット・デメリット

マッチングアプリで会う前に電話をするメリット・デメリット

メリット①相手をより深く知ることができる

声のトーン、言葉遣い、話し方、雰囲気などメッセージだけではわからなかった部分を知ることができます。

  • 荒い言葉遣いの人は苦手…
  • 柔らかい雰囲気の人が好き
  • こういう話し方の人は気になる

といったように好きなタイプや苦手なタイプは人それぞれ。電話することで、感覚的にその判断ができるようになります。

そして、メッセージは送る内容をよく考える時間がありますが、電話は思ったことをそのまま話す状態になるので、自分もお相手もより「ありのままの自分」になります。

メッセージだけの時よりも新たな一面を知れる可能性が高まります。

 

メリット②大きな印象の違いを回避できる

相手をより深く知れることで、会った時の大きな印象の違いを避けることができます。

メッセージでは知れる情報が少なすぎて、会った時に大きなギャップがあることも少なくありません。

  • 「男らしいと思っていたのに中性的な男性だった…」
  • 「おっとりした女性だと思っていたけど、結構サバサバしていた」
  • 「なんとなく雰囲気が苦手なタイプだった…」

会ってみて印象の違いにガッカリされるのは避けた方が良いので、うまく電話を活用しましょう。

 

メリット③ドタキャンを回避できる

ドタキャンされるのは、主に男性に多い悩みです。


準備のために多くの時間を費やしたのに、すっぽかされるのはなるべく避けたいですよね。

女性は多くの男性からアプローチされていることが多いため、デートの約束を取り付けていても、次があるからとその日の気分でなんとなくドタキャンしてしまうことがあるのです。

そのため、「会ってみたい」ときちんと思わせるのがドタキャン対策の鍵になります。

会ってみたいとより思ってもらうには、自分の魅力をより伝わるようにするのが一番です。

デートするまでにアピールできるものは多い方がいいですので、電話は使わない手はありません。

 

メリット④急激に距離を縮められるチャンス

電話は得られる情報の多さもテンポ感も全然違います。

メッセージだけやりとりするのとでは違い、仲良くなれるスピードが圧倒的に早くなります。

つまり、相性の良い人とは距離をグッと近づけるチャンスになるのです。

ワンポイントメモ

逆に、あまり相性が合わない人は話してみて感覚的にわかるので、その判断ができるのも電話のメリットの一つです。

 

メリット⑤やりとり疲れの回避

マッチングアプリは、長期間いろんな人とやりとりをするのでどうしても疲れてしまいます。

良いと思える相手がいなかったり、デートまでに進展がないと特に感じやすいものです。

メッセージとデートの間に、通話を挟むことでより関係が進展しやすくなり、やり取り疲れが起きにくくなります。

メッセージだけでデートの約束を取り付けるだけ仲を深めるのは大変なので、電話で距離を縮めましょう。

 

メリット⑥マッチングアプリ初心者は会話の練習になる

初対面の人といきなりデートをするというのは、マッチングアプリならではですよね。

緊張したり、不安になったり、戸惑う人も多いのではないでしょうか。

そんな人にこそ電話はもってこいです。

極度に電話が苦手な人を除いては、いきなり会うよりも電話をする方がハードルが低いはず。

電話をすることで、実際に会った時に相手とどんな雰囲気になるかを感じることができ、デート前の練習にもなります。

 

メリット⑦怪しい人を判別できる

マッチングアプリの中には、ビジネスや宗教などの勧誘をしてくる人がいます。

そういったユーザーはプロフィールやメッセージのやりとりの中である程度見分けることはできますが、電話をするとなおわかりやすくなります。

注意

効率よくビジネスや宗教などの勧誘をしたいと思っている場合が多いので、早い段階でそういった話を切り出してきます。

なんか怪しいと思ったら、即通報・ブロックしてくださいね。

 

メリット⑧よりドキドキ感を味わえて楽しい

電話するメリットを多くあげてきましたが、なんといっても電話は楽しい!

メリットどうこうじゃなく、単純に楽しむために電話をするのもおすすめです。

私もマッチングした当初は遠距離でしたが、なかなか会えない中電話できるのは1日の大きな楽しみでした。

相性が良ければ、ただ電話をつないでいるだけでも楽しい時間になります。

 

デメリット①デートまでいけない可能性も

メッセージだけの時と比べ、より自分を知ってもらえる分、そこで相性が合うか合わないかを判断されてしまい、デートまでできない可能性もあります。

気になっていた相手とデートでできなくなるかもしれないのは残念です。

ですが、これはより時間とお金を有効に使えることの裏返しでもあります。

電話である程度、相性が判断できることで、気になった相手により多くの時間とお金を使うことができます。

そして、電話でそこまで魅力を感じてもらえないのに、デートして相性ぴったりとなるかと言われると微妙なところ…。

そう考えると、会ってから盛り上がらないとなるよりはマシかもしれません。

こんな人は電話の活用がおすすめ
  • 相手のことをもっと知りたい
  • 会った時の印象のギャップを少なくしたい
  • ドタキャンを回避したい
  • 早く相手と仲良くなりたい
  • メッセージだけで関係が進展しないのは嫌だ
  • マッチングアプリを始めたばかり
  • 怪しい人に無駄な時間を割きたくない
  • 誰かと話すのが楽しい

 

マッチングアプリから電話に誘うタイミングと誘い方

マッチングアプリから電話に誘うタイミングと誘い方

ライン交換後のおすすめタイミング2選

アプリのメッセージ内である程度仲良くなったら、ライン交換すると思いますがその後が狙い目です。

電話に誘うタイミング①デートのプランを決める時

デートの日時を約束した後、いつ、どのお店でデートするかを電話で相談しようと誘ってみるのもいいタイミングです。

おすすめな理由
  • 電話で相談するとデートへのワクワク感を高められ、デートまでが楽しみになる
  • 楽しみな気持ちを共有できるので、会う前から一体感のようなものが生まれる
  • テンポよく詳細を決められる
  • 話す内容がデートプランと決まっていて話題に困らない

デートプランを決める電話は、話題に困ることもないので気軽にかけられますね。

電話に誘うタイミング②デート日時が決まってからデートまでの期間

メッセージから直接会うのは、ハードルが高いと思っている人も少なくありません。メッセージのやりとりをしているとは言え、相手についてわからないことも多いためです。

そのため、デート前の期間の電話もおすすめです。

おすすめな理由
  • 「デートの日が決まったけど、その前に少し電話してもっと仲良くなりたい」と思う女性がいるため、電話OKしてもらいやすい
  • デート前に相手と話す雰囲気がわかることで、ドタキャンされにくくなる
  • デート前に不安なことや気にしていることなどを話せば、デートがより充実する

女性は男性と電話をすることで、どんな人が知ることができて安心できますよね。実際に相手と話した雰囲気がわかれば、後は対面して話すだけなのでハードルが下がります。双方にとってメリットありです!

 

電話の誘い方

誘い方①「デートのプラン、電話で一緒に決めない?」

デートプランを一緒に決めたい場合は、この誘い方でOK!

話す内容が決まっていることで気負わなくていいですし、目的が決まっているので電話の切るタイミングもわかりやすいです。

誘い方②「デート前にもっと〇〇ちゃん(くん)のこと知りたいから、よかったら電話しない?」

素直に電話したい気持ち、もっと仲良くなりたい気持ちを伝えればOK!

デートを約束しているということは、ある程度メッセージを重ねていて、もっと仲良くなりたいと思っているはずなので素直に伝えればOKしてくれることが多いですよ。

 

電話で話題に困った人向けの話題の作り方

電話で話題に困った人向けの話題の作り方

電話前に相手のプロフィールをチェック

会話のきっかけは、相手のプロフィールを見ることで探すことができます。

  • 出身地
  • 学生時代の部活動
  • 兄弟はいるか
  • 趣味
  • 最近ハマっているもの
  • 休日の過ごし方

その中から共通点があれば、話は盛り上がりやすくなりますし、興味があることを聞いてみても会話が広がります。

公開している情報は聞かれたくないことは書いていないので、自信を持って会話の話題としてあげちゃってください。

 

メッセージから知った共通点や好きなこと

プロフィールで知れる情報以外にも、これまでの相手とのメッセージで新しく知ったことも多くあるはず。電話をする前に一度見返してみましょう。

盛り上がっていたけど途中で終わっていた話があったり、もう少し聞いてみたい話があるかもしれません。

メッセージ例

「この前メッセージでアウトドア派って言ってたけど、最近はどこか遊びに行った?」

 

「料理好きだって言ってたから、私も作りたくなってこの前〇〇作ってみたんだ!」

前に話していたことをきっかけに質問してみたり、共通点から自分のことを話してみたりすると、会話が発展しやすくなります。

 

まだ話していないことや聞いてみたいこと

まだ知らないことや聞いてみたいことをあらかじめ質問として考えてみるのも、ここぞって時に役立ちます。

  • 大学のサークル
  • 仕事について
  • 好きなモノ・コト
  • テレビのドラマやバラエティ番組・ネット配信動画
  • 公開している写真の場所について

特に自分が好きなことや知っているものは、自分自身も話すことがあるので会話が盛り上がりやすくおすすめです。

 

電話が緊張してしまう人向けの一言目の例

事前にある程度「〜〜について話そうかな」と決めていても初めて電話をかける瞬間はかなり緊張してしまうものだと思います。

男性から電話をかける場合、電話に出る女性はもっと緊張しているものだと思った方が良いでしょう。

お互い緊張していて会話が始まらないと相手からの印象も下がってしまうので、緊張してしまう人は話題に入るまでの言葉を決めておくと良いでしょう。

話題に入るまでの例

自分「もしもし!◯◯です。電話の時間取ってくれてありがとうね!」

相手「ううん、大丈夫!」

自分「(平日であれば)今はもう仕事終わって帰宅したの?」

自分「(休日であれば)今日はどこか出掛けたりした?」

相手「(平日)うん、ご飯食べ終わったところ。」

相手「(休日)〜〜に行ってたよ。or どこも行かずに家でずっとテレビ見てた」

自分「そうなんだ!〜〜〜〜(ここから話題に入っていく)」

 

マッチングアプリから電話をする際や電話後の注意点

マッチングアプリから電話をする際や電話後の注意点

電話をする際の注意点

電話をしたくない相手には無理に勧めない

電話のお誘いをしても、あまり乗り気でないお相手もいるかと思います。電話が苦手な方もいますし、無理には勧めないようにしましょう。

電話を活用しなくても、メッセージをお相手と重ねてデートをすることはできますので、お相手の気持ちを尊重して仲を深めていってください。

ワンポイントメモ

「もう少し仲を深めてから電話したい」と言われた場合は、より仲良くなってから改めて電話のお誘いをしてみましょう。

盛り上がらなかった時

実際に通話をしてみたら、うまく盛り上がらなくて沈黙になってしまうこともあります。

初回の電話でうまく話せなかったからといって、そこで終わりというわけではないので、とりあえず一旦、通話終了してしまって大丈夫です。

切る時には「ごめん、またかけ直すね!」といって通話を終了しましょう。

仕事の電話が入ったことにしてもいいでしょうし、理由は後で説明すれば問題なしです。

メッセージ例

「〇〇くんと仲良くなりたいって思ったら、すごく緊張しちゃって…」

 

「〇〇ちゃんの声のかわいさにびっくりして、うまく喋れなくなっちゃった!笑」

このように、うまく話せなかったことを「相手への好意や魅力」とともに伝えるのもおすすめです。これなら相手も嫌な気持ちにはなりません。

女性ならかわいいなと受け取ってくれる場合もありますし、男性なら親近感を持ってもらえる場合もあります。

相手も緊張している場合が多いため、同じ気持ちを共感できて距離が縮まることもあります。

電話のやりとりだけに囚われず、そのあとのやりとりも大切にしてくださいね。

通話時間はあらかじめ決めておく

通話時間をあらかじめ決めておくと、切るタイミングがわかりやすい上に、電話を始めやすいのでおすすめです。

時間が決まっていることで、「このくらいの時間だったら電話してもいいかな」と思ってもらいやすくなります。

また、終わりがわかっていることで、お互いに心理的負担も少ないので気軽に電話を始められますよ!

通話時間は10分程度がベスト

あらかじめ時間を決めておくと言いましたが、その時間は10分程度がおすすめです。

長すぎると時間を大きく割いてもらわないといけないので、相手側の負担も大きくなってしまいます。

10分程度なら隙間時間で手軽に時間を作ってもらいやすく、相手も承諾しやすい時間です。

もちろん、盛り上がってきたら「〇〇さんと話すのすごく楽しいから、もう少し話してもいいかな?」と延長をしてもOK。

最初の電話をOKしてもらうのに、10分程度がちょうどいい時間なのです。

 

電話後の注意点

心地いい連絡頻度を互いに知って合わせる

電話が楽しかったら、次回も電話する流れになると思います。

そういう時には、お互いに心地いい連絡頻度を探ることを大切にしてみてください。

1週間に1回くらいの電話でいいと思う人もいれば、毎日電話したいという人もいるでしょう。

心地いい頻度の大きな差があると、どちらか一方は大変な思いをすることになります。

これから仲を深めていくためにも、1度お相手にどのくらいの電話の頻度がちょうどいいのか聞いてみてください。

切ったあとにお礼の連絡を入れる

電話を切った後は、必ず相手にお礼の連絡を入れましょう。

メッセージ例

「時間作ってもらってありがとう。話せてうれしかった! 」

 

「いろんなこと話せて楽しかった!よかったら、また電話しようね!

時間を割いてもらったことへの感謝、話せてうれしかった気持ち、時間も電話したい想いなど気軽にメッセージしましょう。ありがとうと伝えるのを忘れずに!

電話した時の感情や相手の印象などを伝えて距離を縮めよう

電話を終えたあとのメッセージは、さらに仲良くなれるチャンスです。

緊張していて電話では言えなかった、「あの時すごくうれしかった」や「実はすごく緊張していた」など、思っていたことを素直に伝えてみましょう。

一種の自己開示になるので、相手も「実は私もすごく緊張していて…心臓ドキドキしっぱなしだったよ!」なんて心を開いてくれやすくなります。

さらに、電話して感じた相手の印象を伝えるのも◎ 自然な流れで相手を褒めることができます。

 

まとめ

マッチングアプリは電話をうまく活用した方が、関係をうまく進展させていけます。

誘うタイミングや誘い方、注意点などをおさえてぜひ実践してみてください。皆さんの恋活や婚活を応援しています。

マッチングアプリの中には、3分間の電話で始まるkoely(コエリー)というアプリもあります。

新感覚な体験を楽しむことができるはずです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *