モテる男を作るメンズスキンケアについてインスタで発信中

Tinder(ティンダー)でライン交換するための方法!聞き方やタイミングを解説

Tinderでライン交換する方法

Tinderで仲良くなった相手とライン交換をしたい時、以下のような悩みから交換できないでいるのではないでしょうか。

  • いつ交換したらいいかわからない
  • なんて言ったらいいのかわからない
  • 交換してくれるかわからない

悩みはあるものの、ライン交換しなければ先へは進めませんよね。

そこで今回はTinderからライン交換するための方法を解説します。

交換のタイミングから上手なラインの聞き方、ライン交換してくれる人の特徴まで、ライン交換する時の参考にしてください。

悩みを解消してライン交換を成功させましょう。

この記事を読むと分かること
  • スムーズにライン交換できる聞き方とタイミング
  • ライン交換しやすい人の特徴
  • ライン交換したらいけない人の特徴
  • Tinderメッセージとラインではどちらが良いのか

ティンダーでのライン交換のタイミング

ティンダーでのライン交換のタイミング

まずはライン交換のタイミングから解説します。

当たり前ですが、メッセージ2~3通のやり取りでライン交換を提案するのは早いです。

相手と仲良くなり、スムーズに交換してくれるタイミングを狙わなければいけません。

あまりにも早い段階で交換を提案すると、警戒される可能性があります。

警戒されてしまえば、次のタイミングを失いますし、そのまま連絡が来ない可能性もあるでしょう。

基本的には焦らないことが重要です。

では、実際にどんなタイミングでライン交換を提案すれば良いのか、交換のタイミングを解説します。

ライン交換におすすめのタイミング
  • 1週間以上毎日やり取りしてから
  • 敬語からタメ語に切り替わったとき
  • 会う予定を立てたとき

 

やり取りが続くようになったら交換

自然に交換できるのは、メッセージのやり取りがテンポよく続いた時です。

テンポよく返信が来るのは、相手も自分のことを気に入ってくれてる証拠なので、交換に応じてくれやすいです。

ただ、どれだけテンポよく続いても、初日で交換を提案してはいけません。

以下を目安にすると良いでしょう。

  • 1日10通のやり取り/3日
  • 1日5通のやり取り/1週間
  • 毎日決まった時間に数通のやり取り/1週間

大事なのは信頼してもらい、警戒を解くことです。

やり取りが当たり前になってくれば、スムーズにライン交換してくれるでしょう。

 

Tinderはメッセージ無料なので焦らない

やり取りが続かないからといって、焦らないでゆっくり進めてください。

最初のうちは1日1通程度しかメッセージできないかもしれませんが、徐々に仲良くなっていけば良いのです。

Tinder内のメッセージは無料なので、焦ってライン交換を提案する必要はありません

ポイント課金制の出会い系サイトの場合は、メッセージすることでポイントがなくなるので、焦る気持ちも出てくるでしょう。

しかし、Tinder内のメッセージは無料です。

焦る必要はありません。

時間をかけてメッセージのやり取りを増やしていきましょう。

 

やり取りが止まったらダメ元で連絡してみるのもあり

上手くメッセージのやり取りが続かない場合は、最後の手段としてダメ元で連絡してみるのもありです。

どうしても返信が来ない場合、返信が止まったままの場合、そのまま放置すれば関係は終わります。

良い相手が見つかっていたり、Tinderを開かなくなっていたり、メッセージが埋もれてしまっていたり、理由はさまざまですが、ダメ元でライン交換を提案してみましょう。

ティンダーで相手の返信が遅くなる or 来なくなる理由

  • 単純に興味が薄れている
  • メッセージが埋もれていて返信し忘れている
  • ティンダーを開く機会が減っている

もしかしたらLINEの方が楽だと思っている可能性もあります。

ダメ元なのでそこまでの期待はできませんが、そのまま放置するよりも可能性をあげられるでしょう。

 

ティンダーで上手いラインの聞き方

ティンダーで上手いラインの聞き方

ラインは「さりげなく」聞くことが大事です。

焦ってがっつくように聞いてしまうと、焦りが相手に伝わってしまい、好感度が下がります。

また、Tinderは年齢確認などもなく、安全性が低いので、警戒心の強いユーザーが多いです。

がっつくようにラインを聞いてしまうと、「業者ではないか?危ない人ではないか?」とイメージを持たれてしまいます。

さりげなくラインを聞く方法は2つ。

どんなタイミングで、どんな言い方で伝えれば良いか、下記で解説します。

 

〇〇だから教えてほしい

さりげなくラインを聞く方法として、「理由をつける」方法が効果的です。

ラインを交換する上で「なぜ交換しなければいけないか?」は重要な部分。

「なぜ」の部分を明確にすれば、相手も納得してくれるでしょう。

例として以下のような伝え方が良いです。

メッセージ例
  • 「Tinderだと返信が遅れるから」
  • 「Tinderだと通知が来なくて気づかないから」
  • 「Tinderだと毎回ログインするのが面倒くさいから」

ただラインを交換したいのではなく、「ラインを交換すると楽になるよ」と伝えられます。

あなたとのやり取りを楽しみにしているのであれば、早く返事が来るのは相手にとってもメリットですよね。

お互いにある程度の恋愛感情が生まれていれば「もっと仲良くなりたいから」と、ストレートな気持ちを伝えても良いでしょう。

ラインを聞くときは、「理由」をしっかり伝えてあげてください。

 

別にどっちでもいいけど教えてほしい

がっついてるイメージを与えないために「どっちでもいいけど」とつけるのも良いです。

どっちでもいい」を付け加えるだけで、ライン交換のハードルが下がります。

例えば電話番号を交換する際、以下の前者と後者ならどちらが交換しやすいでしょうか。

  • 毎日連絡したいから電話番号教えてほしい
  • どっちでもいいけど一応電話番号教えてほしい

後者の方が気軽に電話番号を教えやすいですよね。

前者では、がっついてるイメージや真剣なイメージが強く、聞かれる側にプレッシャーを与えてしまいます。

「どっちでもいいけど」をつけてハードルを低くしてあげましょう。

 

IDを持っていない人のライン交換方法

格安SIMを使っている人も増えてきているので、LINE IDを持っていない人もいるでしょう。

そういった人は、QRコードで交換できますが、QRコードをURLにして相手に送ることができるので、やり方を紹介しておきます。

STEP.1
ライントップの右上にある「友達追加」を押し、「QRコード」を選択します。

STEP.2
続いて、QRコードを読み取る画面が出てきたら「マイQRコード」を押し、「シェアボタン」を選択します。

STEP.3
次に「他のアプリ」を選び、「コピー」を押すとQRコードをコピーすることができます。

STEP.4

コピーを押した後、Tinderのメッセージ画面で貼り付けるとQRコードのURLが表示されます。

URLを開くとライン追加の画面に飛ぶので、そこから友達追加ができるようになります。

 

ティンダーでライン交換してくれる人の特徴

ティンダーでライン交換してくれる人の特徴

ライン交換するには、ライン交換してくれる人の特徴を見抜いておくと良いでしょう。

特徴がわかれば、スムーズにライン交換へ持っていけます。

ライン交換しやすい相手
  • メッセージの返信が早い
  • 真剣な出会いを募集している
  • 外国人

Tinderユーザーの中にはライン交換に抵抗を感じる人も多いです。

交換に抵抗を感じる人の場合は、どれだけメッセージを重ねても、ライン交換してくれません。

できるだけ早くライン交換に繋げたいならば、無駄な時間となります。

とにかく早くライン交換したいのであれば、特徴から判断していきましょう。

 

メッセージの返事が早い

メッセージの返事が早い相手は、メッセージのやり取りが好きな人です。

メッセージのやり取りが好きな人ならば、できるだけ連絡をこまめにとりたいと考えているでしょう。

そんな人にとっては、Tinderでのやり取りは面倒です。

返信の早いラインの方が、メッセージしやすいでしょう。

ワンポイントメモ

何度かメッセージして、いつ送ってもすぐに返事が来るようなら、早い段階でライン交換を提案してみてください。

 

真剣な出会いを募集してる

真面目な出会いを募集している人は、出会いに積極的なので、ライン交換もしてくれやすいです。

しっかり相手を知りたい気持ちが強いので、比較的ライン交換のハードルは低め。

暇潰しのユーザーのように、ただ話したいだけではないので、Tinder内で良い雰囲気になれば、会うために必ずラインを交換してくれるでしょう。

注意

ただし、あくまで良い雰囲気になることや、気が合うという前提が必要

軽い関係を求めている人にはラインを教えてくれません。

出会いに積極的なことに変わりはないので、真剣な出会いを募集してるユーザーにLIKEを送ってみましょう。

 

外国人

外国人ユーザーはライン交換のハードルが低く、ライン交換しやすいです。

日本人はライン交換に警戒心を持ちますが、外国人はラインはあくまで連絡のツールとして考えています

もちろんいきなり交換を提案しても、OKしてもらえませんが、ある程度仲良くなればすぐに交換してくれるでしょう。

ただ、中には日本語が通じない方もいるので、多少の英語力は求められます。

 

ティンダーでライン交換してはいけない人の特徴

ティンダーでライン交換してはいけない人の特徴

ライン交換をしてはいけない人もいます。

相手を間違えるとライン交換は危険です。

ライン交換することによって、リスクが生まれる場合があるので、相手を見極めて慎重に行ってください。

特に多いのが業者です。

業者とライン交換してしまうと、沢山の迷惑ラインが送られてきます。

その他にも、ライン交換してはいけない人は多くいるので、どんな人がNGなのか見ていきましょう。

NG例
  • 既婚者
  • 外国人
  • プロフィールにラインIDを書いている人
  • 投資や独立といった言葉をプロフィールに書いている人
  • 37とプロフィールに書いている人
  • 怪しいURLを載せている人

既婚者

既婚者はパートナーにバレる可能性を考えると、とても危険です。

Tinderで出会ったことがバレれば、面倒なことに巻き込まれる可能性があります。

Tinderには既婚者ユーザーも多くいますが、パートナーにバレたくないからTinderを使って出会いを求めてるのです。

ライン交換してしまえば、本末転倒。

パートナーにバレる可能性が高くなります。

既婚者と出会うこと自体は良いですが、Tinder内でやり取りする方が安全です。

もし相手がライン交換を求めてきても、Tinder内でやり取りするようにしましょう。

 

外国人

ライン交換しやすい人の特徴で外国人を紹介しましたが、外国人はライン交換する意味がありません

そもそもラインを持っていない人も多いので、理解しておきましょう。

海外のラインのようなメッセージアプリ

  • アメリカ・ヨーロッパ:WhatsApp、Facebook messenger
  • 韓国:カカオトーク
  • 中国:WeChat

その他の国ではFacebook messengerなどを使っている人が多いので、ラインの知名度は多く見積もってもアジア圏内くらいでしょう。

また、ライン交換しても実は遠方に住んでいたり、すぐに国に帰る場合もあり、会える確率が低いです。

絶対に交換してはいけないわけではありませんが、出会いを求めるのであれば、あまり効率的ではありません。

参考Tinder(ティンダー)を使って日本にいながら外国人と出会う方法【画像付き】

 

業者

一番ライン交換してはいけないのが、業者です。

注意

Tinderには、以下のような業者がいます。

  • ラインID収集業者
  • サイト誘導業者
  • マルチビジネス勧誘業者
  • 投資関連のビジネス勧誘業者
  • 援デリ業者

ラインID収集業者やサイト誘導業者にIDを教えてしまうと、数多くの迷惑ラインが届きます。

ラインIDが流出してしまい、知らない業者から友達申請が来るでしょう。

ブロックすれば良い話ですが、延々とラインが来るので、ストレスになります。

また、Tinderで多いのがマルチビジネス勧誘です。

Tinderでは普通に会話してくれますが、ラインをした途端や、実際に会ってみると、勧誘の話に切り替わります。

参考出会い系・マッチングアプリで気をつけるべきサクラ・業者の特徴とは

プロフィールに37と書いている人とは

最近はあまり見なくなりましたが、以前はプロフィールに「37」と書く人が多くいました。

これは、MLMのアムウェイをビジネスとして利用している意味合いとして書かれていました。

勧誘を目的で利用している人がすでにアムウェイ会員であることを示すために使われたのではないかと思います。

ワンポイントメモ

どの業者も、比較的早い段階で会う話やライン交換を提案してくるのが特徴です。

相手から積極的にライン交換を提案されたら、疑った方が良いでしょう。

 

TinderのプロフィールにLINE IDを書いてる人とは

TinderのプロフィールにLINE IDを書いてる人の特徴

Tinderを見ていると、「Tinder面倒なのでLINEしてください」 など、プロフィールにLINE IDを載せている人がいます。

しかし、この手のユーザーとライン交換してはいけません。

プロフィールにLINE IDを載せてるユーザーのほとんどは業者です。

主に援デリ業者が多いので気を付けてください。

プロフィールにLINE IDを載せているか、画像アイコンにラインのQRコードを載せている場合は注意しましょう。

 

Tinderメッセージとラインはどちらが良い?

Tinderメッセージとラインはどちらがおすすめなのか

結論から言えば、Tinder内のメッセージとライン、どちらも使えます

どちらを使うからといって、出会いに繋がりやすくなるということもありません。

Tinderのメッセージやり取りは、男女共に無料。

ラインの場をTinderに移したようなものです。

わざわざラインに切り替える必要もありません。

ただ人によっては使いやすさは異なってくるので、どちらがどんな人におすすめか、下記で解説します。

 

Tinderメッセージがおすすめな人

Tinderメッセージは、主に情報を隠したい人におすすめです。

  • パートナーがいる(浮気や不倫関係希望)
  • プライベートを知られたくない
  • 頻繁に連絡を返せない
  • 割り切り希望

なんらかの理由で、相手に自分のプロフィールを知られたくない場合は、Tinderのメッセージを使った方が良いでしょう。

ライン交換してしまうと、タイムラインなどからプライベートがバレる可能性があります。

軽い関係で考えているのであれば、Tinder内でメッセージした方が無難です。

無料で出会えるマッチングアプリなので、焦ってライン交換する必要もないでしょう!

 

ラインがおすすめな人

ラインは、出会いに積極的な人におすすめです。

  • 確実に出会いたい
  • 長くTinderを使いたくない
  • 真面目に出会いたい
  • 話すのが好き

ライン交換することによって距離感が縮まるので、真面目な出会いなど、確実に出会いたい人はラインを交換しておきましょう

真面目な出会い希望で、決めた人以外と連絡をとりたくない人も、ライン交換しておいた方が良いですね。

また、電話もライン交換をしないとできないので、相手と電話として距離を縮めたい人はラインの方が良いでしょう。

 

まとめ

出会うためにはライン交換が必須と考えている人もいるかもしれませんが、Tinderメッセージで出会うことも可能です。

Tinderは無料で使えるので、ライン交換を焦る必要はありません。

どうしてもライン交換したい場合は、今回の情報を参考にライン交換を提案してみてください。

重要なのは「焦らない」ことです。

焦らずに関係を育てていけば、確実にライン交換できるでしょう。

参考Tinder(ティンダー)の使い方マニュアル

男性も無料で出会えるアプリ「Tinder(ティンダー)」

Tinder(ティンダー)

会員数 全世界5,000万人以上
おすすめな男女 遊びや友達探しで出会いを求めている
Tinderの特徴 世界で一番使われているマッチングアプリ

世界で一番利用者が多いマッチングアプリです。

アプリで右にスワイプすればLIKE、左にスワイプすればNOPEという誰でも簡単に使えるのが大きな特徴です。

男性も課金せずメッセージのやり取りができるので、コスパよく気軽に出会いたい人がかなり多いですね。

逆に婚活や真面目な出会い向きではないので、友達探しくらいのテンションで使うことをおすすめします!

Tinderを使ってみる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *