〜 403人が選ぶおすすめのマッチングアプリ!プロが語る正しい選び方も紹介 〜

男も課金せずに出会える!Tinder(ティンダー)を無料で使いこなすテクニック

Tinderを無料で使う方法

Tinderはマッチングアプリの中でも唯一無料で出会えるアプリです。

しかし実際にTinderを使って、上手く出会えないと悩んでいませんか?また、有料プランに切り替えた方が良いのではないかと考えている人もいるでしょう。

「無料でどこまでできるの?」

「無料で本当に出会えるの?」

結論から言えば、Tinderは無料で出会えます。

今回はTinderを無料で使いこなすテクニックを解説するので、参考にしてください。

この記事を読むと分かること
  • Tinderを無料で使いこなす方法
  • 無料で出会うために大事なポイント(プロフィールの作り方)
  • スムーズに出会えるメッセージのテクニック
  • ライン交換までのテクニック
  • 会ってはいけない人の特徴

自分に合ったマッチングアプリを探す

Tinderの特徴

Tinderの特徴

運営会社Match Group(マッチグループ)
会員数全世界で400万人以上
年齢層男女共に20代~30代
目的気軽な出会い/恋活

まずはTinderの特徴から解説します。

特徴を理解すれば、自分に合っているアプリか合っていないアプリか判断できるでしょう。

Tinderの主な特徴は3つです。

3つの特徴からTinder攻略に繋げていきましょう。

 

マッチングからメッセージまで無料

Tinderは基本的な機能を無料で使えます。

他社のマッチングアプリは、マッチングまではできるもののメッセージ交換はできないアプリがほとんど

メッセージを送るには有料会員にならなければいけません。

しかしTinderはマッチングもメッセージ交換も無料です

男性はある程度の縛りはあるものの、無料範囲内でも十分出会えます。

 

GPSで距離が近い相手を検索可能

TinderはGPS機能をONにすれば、近くにいる相手を検索できます。

せっかく出会うなら、できるだけ近場の人と出会いたいですよね。

距離はもちろん、年齢なども検索できるので、近場で同い年の人と出会いたい時に便利に使えます。

あまりにも近場で設定すると相手が表示されないのでは?」と不安に感じる方もいますが、Tinderの会員数は全世界で5000万人以上です。

都心ならば5km以内など絞り込んでも、多くの異性が表示されます。

無料という特徴もあり、会員数は常に増えており、特別地方でない限りは異性が表示されるでしょう。

近場で気軽に出会いたい人には、とても使いやすいアプリです。

参考Tinderの位置情報(距離)の仕組みとは!ティンダー女子が徹底解説

 

海外発アプリだから外国人とも出会いやすい

Tinderはアメリカ発のアプリで、本社はアメリカにあります。

海外発アプリなので、外国人が多いです。

中には外国人と出会うために利用しているユーザーもいるほど。

距離設定を広げれば、海外に住んでいる異性とも出会えます

また、日本に来ている外国人もTinderを使っているので、外国人と出会いやすいです。

都心で使えば、10~20人に1人は外国人が表示されます

他社のマッチングアプリでは外国人と出会うのは難しいです。

しかしTinderなら外国人と出会うのも簡単。

外国人の友達を作ったり、外国人の恋人を作るなど、他社アプリではできなかった出会いが実現します。

Tinderで外国人と出会うコツも紹介しているので、参考にしてみてください。

 

Tinderの無料と有料の違い

Tinderの無料と有料の違い

Tinderは、有料プランも用意されています。

有料プランでは、無料プランで使えなかった機能や、機能の拡張が可能です。

「無料で出会えるなら、有料プランは必要ないのでは?」と思う人もいるでしょう。

そこで実際に有料プランと無料プランの違いを解説します。

機能を見比べて、どちらが使えるか、有料プランで出会いが有利に進むのか比較してみましょう。

Tinderの有料プランは2つあります。

  • Tinder Plus
  • Tinder Gold

さらに機能を拡張できる従量課金制のオプションも用意されています。

大まかな違いは、以下の表の通りです。

無料会員Tinder PlusTinder Gold
LIKE回数12時間毎に120回まで無制限無制限
メッセージ
Super LIKE1日1回1日5回1日5回
ブースト毎月1回毎月1回
スーパーブーストの購入
広告表示
スワイプやり直し
位置情報の変更
年齢・距離を隠す
LIKEした相手の表示
LIKEをくれた相手の表示

上記のようにTinder PlusとTinder Goldではそこまで大きな変化はありません。

それぞれの有料プランなど、下記で詳しく解説します。

 

Tinder Plus

TinderPlusは月額課金制で、利用端末によって若干料金が異なります。

プランAndroidiOSWeb
1ヶ月月額2,200円月額2,200円月額1,913円
6ヶ月月額1,384円(一括8,304円)月額1,467円(一括8,800円)月額1,225円(一括7,352円)
12ヶ月月額917円(一括11,004円)月額983円(一括11,800円)月額817円(一括9,802円)

無料と大きな違いは、LIKEを無制限で送れる部分。

無料版では12時間毎に120回しかLIKEできませんが、TinderPlusなら無制限なので、スワイプし放題です。

それだけマッチングの可能性があがるので、LIKE無制限は大きなメリットになるでしょう。

 

Tinder Gold

TinderGoldもTinderPlus同様、月額課金プランです。

プランAndroidiOSWeb
1ヶ月月額3,300円月額3,400円月額2,950円
6ヶ月月額2,066円(一括12,396円)月額2,100円(一括12,600円)月額1,848円(一括11,091円)
12ヶ月月額1,375円(一括16,500円)月額1,400円(一括16,800円)月額1,229円(一括14,752円)

TinderGoldはTinderの全ての機能が使えるプランなので、TinderPlusと比べると、約1,000円程度料金が高くなります

TinderGoldの大きな特徴は、LIKEした相手・LIKEしてくれた相手が表示される機能

無料会員の場合、LIKEされただけでは誰がLIKEしてくれたのかわかりません。

LIKEした相手がわかれば、相手にLIKEを返すだけなので、簡単にマッチング成立します。

TinderPlusと比べると追加機能は2つだけですが、LIKEした相手・LIKEしてくれた相手を表示してくれるのは大きなメリットです。

サクっとマッチングしたい人はTinderGoldを使ってみるのも良いでしょう。

 

オプション購入

出会いを有利に進める3つのアイテムは、従量課金で購入できます。

購入アイテムは以下の3つです。

  • ブースト…30分間異性に優先表示される
  • スーパーブースト…3時間異性に優先表示される※無料会員は購入不可
  • スーパーライク…相手に優先表示されるLIKE

スーパーブースト以外は無料会員でも購入可能です。

それぞれの料金は以下の通り。

ブースト

ブースト
AndroidiOSWeb
1回653円730円546円
5回2,724円3,060円2,458円
10回4,359円4,900円3,933円

スーパーブースト

スーパーブースト
3時間6時間12時間
4,900円8,500円16,000円

スーパーライク

SuperLIKE
AndroidiOSWeb
5回980円764円
25回3,675円2,950円
60回7,500円5,900円

それぞれの料金を比べると、Web版が一番お得です。

場合によって使えるアイテムですが、使わなくても出会えないことはありません。

完全無料で出会いたいのであれば、オプションアイテム購入も必要ないでしょう。

 

有料のメリット・デメリット

有料プランやアイテムを利用するメリットは3つです。

有料で使うメリット
  • 無料では使えない機能を使える
  • 出会いが若干有利になる
  • LIKE無制限

メリットとしてはそこまで強くありません。

有料で使うデメリット
  • 有料プランで確実に出会えるとは限らない
  • TinderPlusとTinderGoldの違いが2つしかない

有料プランで、使える機能は広がりますが確実に出会えるものではありません。

使ってみて効果をそこまで感じない場合もあります。

また、TinderPlusとTinderGoldに大きな違いがないのもデメリット。

2点の違いしかないのに約1,000円の差は大きいですね。

 

無料のメリット・デメリット

無料会員のメリットは単純に料金が発生しないことでしょう。

無料だからここが良い、という部分はありませんが、無料でも十分出会えます。

無料で使うデメリット
  • 制限がある
  • 購入できないアイテムがある

ある程度の制限はデメリットですが、絶対的に出会いに不利か?というと、そうではありません。

無料会員でも十分出会えます。

 

Tinderで無料で出会うコツ

Tinderで無料で出会うコツ

無料で会うには、コツを意識しましょう。

無料会員は制限があるので、適当に使っていると出会いの可能性を下げてしまいます。

コツを意識してTinderを使えば、確実に出会えるでしょう。

写真設定方法から、プロフィールのコツ、LIKEの送り方など、Tinderで出会うためのコツを徹底解説します。

無料で出会うためのポイント
  • 写真はなるべく多く掲載する
  • プロフィールは最初の4行が大事
  • ファーストメッセージは挨拶、褒める、質問
  • メッセージを長続きさせるには短文でノリ良く
  • 誘う際は、疑問文+ラフさ
  • LIKEする相手は出会いやすい人のみ

 

写真はできるだけ多く掲載する

プロフィールで掲載できる写真は9枚です。

9枚全てとまで言いませんが、できるだけ多くの枚数を載せておきましょう。

多くの枚数掲載しておけば、それだけ相手に与える情報量が多くなります。

Tinderはプロフィール文章よりも写真で判断されるので、写真は多ければ多いほど良いです。

掲載する写真は以下のような写真が良いでしょう。

  • 1枚目…顔がわかりやすい写真(笑顔だと尚良し)
  • 2枚目…全体がわかりやすい写真(服装やスタイルがわかるもの)
  • 3枚目…趣味の写真(趣味に夢中になっている横顔など)
  • 4枚目…お洒落な写真(お洒落な料理や夜景など)
  • 5枚目…好きなもの(ペットの写真など)

6~9枚目に関しては、多少かぶっても構いません。

好きなものが多いならば、さまざまな好きなものを載せておきましょう。

写真のNG例

Tinderに限らずですが、マッチングアプリに載せるのに相応しくない顔写真の特徴がいくつかあるので、知っておきましょう。

NG例
  • 自撮り(洗面台の鏡反射もダメ)
  • 画質が荒い
  • SNOWなどで加工しすぎ
  • 清潔感がない(髪の毛、服装、ひげなど)
  • 筋肉アピール

Twitterを見ると顔写真載せなくてもマッチすると投稿されている人もいますが、ライン交換で顔写真を送った途端連絡が途絶える人が多いようです。

実際に会うとなると相手の顔も重要なポイントです。

イケメンかどうか、美女かどうかというわけではなく、清潔感があるかがかなり大事なポイントになります

 

プロフィールは短文でわかりやすく

Tinderのプロフィールは写真にかぶって表示されます。

スワイプ画面で表示されるのは約4行です。

ほとんどの人はこの4行しか見ないので、冒頭文に重要な情報を詰めます。

また、出会いの目的によって、プロフィール内容を変えるのも効果的です。

今回は3つの例を用意しました。

  • 面白系
  • 真剣系
  • 気軽系

出会いの目的によってプロフィール内容も変えましょう。

プロフィール例①面白系

面白系は短文でインパクト勝負です。

プロフィール例

「フッ軽です(‘Д’)

tinderあんまりわかりまてん。

趣味はtinderで同性ユーザーを見て格付けすることです(`・ω・´)ゞ」

インパクト勝負なので、とにかく目を惹く内容を書きましょう。

特に若い異性から反応をもらいやすいです。

 

プロフィール例②真剣系

真剣系は、しっかり趣味や職業を冒頭に持ってきましょう。

プロフィール例

「IT関連の仕事をしています。

趣味はカフェ巡り・ドライブ・映画です。

Tinderで真剣に付き合える方探しているので、気軽な関係はNGでお願いします。」

上記に付け加えて、長文でプロフィールを書き足しても良いですが、重要な情報は全て冒頭4行に持っていきます。

付け加える内容は、オマケとして使いましょう。

また誠実さを伝えるために、顔文字は少な目が良いです。

 

プロフィール例③気軽系

気軽系も真剣系と同様、伝えたい情報を4行に持ってきましょう。

主に趣味などがわかりやすいと良いです。

メッセージ例

「趣味→旅行/カフェ巡り/映画

仕事→IT関係

気軽に話せる関係探してます。」

気軽な関係なので、共通の趣味で盛り上がれる相手を探した方が良いです。

出会いの目的と趣味をメインに書いておきましょう。

パッと見てわかりやすい方が気軽にマッチングしてくれます。

 

ファーストメッセージのポイント

せっかくマッチングしても返事がもらえなければ意味ありません。

マッチングしたらすかさずにメッセージを送りましょう。

Tinderは対応の速さが重要です。

マッチングしてメッセージを送らなければ、忘れられてしまいます。

しかし適当な内容はもちろんNG。

以下の3つの要素は入れましょう。

  • 挨拶
  • 褒める
  • 質問

ただし初回から質問が多すぎると面倒に思われるので、質問は1つ程度で良いです。

ファーストメッセージ例

「マッチングありがとうございます^^

マッチングできると思ってなかったんで嬉しいです!

プロフィールに映画が趣味って書かれてましたけど、どんな映画好きなんですか?」

 

メッセージを長続きさせるには短文で楽しく

Tinderはのメッセージは短文で構いません。

ポイント制サイトなどの場合は、ポイントがもったいないので長文で内容を詰めた方が良いです。

しかしTinderは無料なので、長文に詰め込む必要はありません。

どちらかというと、内容よりも頻度を意識しましょう。

短文でコンスタントにやり取りできた方が、出会いに繋がりやすいです。

返事がもらえた時はすぐにメッセージを返せるようにしておきましょう。

ワンポイントメモ

内容は薄くなっても良いので、返事をしてもらうために質問は必ず入れてください。

同じ内容でも、疑問文にするだけで返信率は変わります。

NG例

「旅行が好きなんですね!だから風景の写真沢山あるんですね!」←完結してしまうNG例

メッセージ例

「旅行が好きなんですね!だから風景の写真沢山あるんですか?」←疑問文にするOK例

 

誘う際には疑問文+ラフ

メッセージで会う誘いをする時は、疑問文を使いましょう。

会いましょうよ!」だと、がっついてるように見え、良い印象になりません。

しかし疑問文といっても「会えますか?」では淡泊になってしまいます。

そこで使えるのが「会ってみます?」です。

「会えますか?」ではこちらが会いたい気持ちが強く出てしまい、結果的にがっついてるイメージになります。

「会ってみます?」なら、がっついてるイメージにはなりませんよね。

もちろんいきなり会う話をしても、OKはもらえないので、更に会う理由を付け足してあげましょう。

メッセージ例

「あそこのレストランなら何度か行ったことあるんで、今度一緒に行ってみます?」

 

LIKEする相手は出会いやすいユーザーのみを狙う

無料会員はLIKEの数に制限があります。

表示されるユーザー全てにLIKEをしてると、あっという間になくなるので注意してください。

また、LIKEするユーザーはできるだけ出会いやすい相手を選びましょう。

以下のポイントを意識してください。

  • 出会いの目的が一緒
  • 距離が近い
  • 相手のタイプと離れすぎていない

まずは出会いの目的を確認します。

相手が暇つぶしでしか使っていないのであれば、まず出会える可能性は低いです。

距離が近いのも重要なポイント。

とにかく早く出会いたいならば、距離は近いにこしたことはないでしょう。

また、相手のタイプや理想もチェックしてください。

相手のタイプや理想とあまりにもかけ離れていると、まずマッチングしません。

できるだけ自分に近い、もしくは理想やタイプなどを提示していない相手を選びましょう。

 

設定を忘れずに

表示させるユーザーは、設定で絞りこめます。

出会いの可能性を高めるには、設定も忘れずに行いましょう。

以下の設定が可能です。

  • 距離
  • マッチしたい人の性別
  • 年齢の範囲

距離は近いにこしたことはありませんが、表示させるユーザーを増やすために10km~20kmに設定しておくと良いでしょう。

マッチしたい性別はもちろん異性。

年齢の範囲は18~100歳まで設定できます。

中には年齢を偽って100歳などで登録しているユーザーもいるので、範囲は広くしておいて良いでしょう。

 

TinderでLINE交換するテクニック

TinderでLINE交換するテクニック

Tinderから実際に出会いに繋げるにはLINE交換が必須です。

いつまでもTinder内でやり取りしていては、距離が縮まりません。

暇つぶし相手止まりになってしまうでしょう。

LINE交換すれば、連絡する頻度も多くなり、自然に会う話になります。

LINE交換するには以下のテクニックを使いましょう。

 

連絡の頻度をあげる

まずはTinder内でとにかく連絡の頻度を多くしてください。

相手がメッセージを送ってきたら即返事できるよう、Tinderの通知もONにしておきましょう。

即返事すれば、自然とメッセージの回数が多くなります。

メッセージが日常茶飯事になってきたところで「LINEの方が返事しやすいから交換できる?」と聞いてみましょう。

毎日当たり前のようにメッセージする仲になっていれば、断られることはほとんどありません。

むしろ相手もあなたとのメッセージが楽しくなっているので、スムーズに交換できます。

 

理由をつける

まだそこまで仲良くないならば、LINE交換しなければいけない理由をつけましょう。

ただ「LINE交換したい」ではなく「LINE交換しなければいけない」になるだけで、交換してくれやすいです。

例えば以下のような理由が良いでしょう。

  • 「Tinerだと返事が遅くなるから」
  • 「Tinder辞めるから」
  • 「あんまりログインしないから」

ただ、あまりにも最初の段階で理由をつけても効果はありません。

ある程度会話を重ねた段階で使いましょう。

 

気軽に伝える

LINE交換をする時、改まって伝えると、相手も構えてしまいます。

改まった雰囲気では相手にプレッシャーを与えてしまい、交換してくれにくいです。

例えば以下のように、気軽に伝えてあげましょう。

  • 「別にTinderでもいいんだけど、LINEできたら楽なんだけど」
  • 「仲良くなったらLINE教えてね」

気軽に伝えた方が、LINE交換のハードルが下がり、交換してくれやすいです。

もちろん中には「どっちでもいいならTinderでいいよね」という人もいますが、改まって伝えると「断ったらいけない雰囲気」になってしまい、最悪返事すら来ない場合もあります。

 

TinderからLINE交換後のテクニック

TinderからLINE交換後のテクニック

LINE交換できても気を緩めるのはまだ早いです。

LINE交換して会ってやっとゴールなので、しっかり出会いに繋げましょう。

前提として、LINE交換してくれる人は他にもLINE交換していると考えてください。

まずはその数人の中から選ばれなければいけません。

LINE交換後、距離を縮めるテクニックやLINEの文章、会うまでのテクニックを以下で解説します。

 

連絡を途切れさせない

LINE交換したら、まずは連絡を途切れさせないようにしましょう。

連絡が2~3日途切れれば、すぐに忘れられます。

最低でも1日1回は連絡をとるようにしてください。

内容は濃くなくても構いません。

自分の存在を忘れられないよう、こまめに連絡してください。

 

スタンプを使う

連絡が返ってこなかったり、返信に困った場合はスタンプを使ってやり取りを続けましょう。

もし相手の好きなアニメやキャラがわかっていれば、そのスタンプを購入するのも良いです。

好きなアニメやキャラのスタンプであれば、スタンプを使うだけで話が広がるでしょう。

全く話に関係ない場合でも「最近このスタンプ買ったから使ってみたかった笑」と会話を広げられます。

Tinderにはない、LINEだからこそのテクニックです。

 

気軽に誘う

会う誘いをする時は、気軽に誘いましょう。

LINE交換と同様、改まって誘うと断りづらい雰囲気を出してしまいます。

気軽に誘えば、気軽に返事してくれるでしょう。

誘う理由は大したものでなくて良いです。

  • 「近場でお酒の美味しい居酒屋あるから今度行かない?」
  • 「今度〇〇の映画やるから一緒に行こうよ」

距離が近い相手ならおいしいお店へ、趣味が同じなら同じ趣味に関する誘い、など誘い方はいくらでもあります。

注意

時間合えば会ってみたいんですがいかがでしょうか?」のような堅いお誘いは相手にプレッシャーを与えるので、避けた方が良いです。

 

Tinderで会うべきでない注意人物

Tinderで会うべきでない注意人物

Tinderでは会わない方が良い相手もいます。

Tinderは誰でも簡単に使えるので、業者なども紛れているのが現状です。

特に以下のような相手には会わないように注意しましょう。

 

援デリ業者

援デリ業者は名前の通りデリヘル業者です。

実際に会えますが、体の関係を持ち掛けてきて、お金を請求されます。

せっかく無料で出会っても、最終的にお金を払うのはもったいないので、出会わない方が良いでしょう。

援デリ業者はマッチング後、積極的に誘ってくるのが特徴

中にはプロフィールにLINE IDを掲載している場合もあります

LINEや出会いまでを積極的に求めてくるユーザーは業者と判断して良いでしょう。

 

マルチビジネス勧誘

マルチビジネスの勧誘業者も多いです。

実際に待ち合わせできますが、カフェなどでビジネスの勧誘をされます

マルチビジネスの勧誘は、プロフィールではわかりにくいですが、マッチングするとビジネス関連の話をしてくるのが特徴です。

中にはプロフィールで「お金に困ってる人」など記載している場合もあります。

注意

ビジネスの話をしたい」「あなたに紹介したい人がいる」など言われた場合は、絶対に出会わないでください。

 

未成年

Tinderは2020年3月から規約が変わり、年齢確認必須になりました。

しかし以前は年齢認証無しでも利用できたため、未成年ユーザーが残っています。

未成年ユーザーは援助交際を持ち掛けてくる場合があるので、出会わない方が良いです。

出会うだけなら問題ありませんが、援助交際に発展すると最悪逮捕されます。

以前はプロフィールに「JK」と書いてあるユーザーがいましたが、年齢認証が厳しくなったため、プロフィールに「JK」とかいてるユーザーはいなくなりました。

ただ、未成年が潜んでる可能性はあるので、メッセージのやり取りで未成年だと発覚した場合は出会わないでください。

 

まとめ

Tinderは無料でも出会えます。

有料会員と無料会員で大きな違いはありません。

ただ無料会員ではある程度の制限があるので、どちらかといえば不利でしょう。

そこで今回紹介したテクニックやコツを意識してください。

すぐに出会えなくとも、長期的に実践していれば必ず出会えます。

無料なので長期的に使っても損はありません。完全無料で出会うなら、Tinderを上手く使いましょう。

参考Tinder(ティンダー)の使い方マニュアル

男性も無料で出会えるアプリ「Tinder(ティンダー)」

Tinder(ティンダー)

会員数全世界5,000万人以上
おすすめな男女遊びや友達探しで出会いを求めている
Tinderの特徴世界で一番使われているマッチングアプリ

世界で一番利用者が多いマッチングアプリです。

アプリで右にスワイプすればLIKE、左にスワイプすればNOPEという誰でも簡単に使えるのが大きな特徴です。

男性も課金せずメッセージのやり取りができるので、コスパよく気軽に出会いたい人がかなり多いですね。

逆に婚活や真面目な出会い向きではないので、友達探しくらいのテンションで使うことをおすすめします!

Tinderを使ってみる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *