モテる男を作るメンズスキンケアについてインスタで発信中

【要注意】マッチングアプリで勧誘してくる人の特徴と対処方法

マッチングアプリで勧誘する業者の特徴

「友人がマッチングアプリで怪しいビジネスに勧誘された」
「マッチングアプリで勧誘してくる人の特徴を知りたい」

本記事は、こういった方向けに「マッチングアプリで勧誘してくる人の特徴と対処方法」について解説をしています。勧誘してくる人の特徴や対処方法を押さえて、安全にマッチングアプリを使っていきましょう。

「勧誘なんてされたことない」という方も、知っておくだけでトラブルの予防に繋がりますので、ぜひ読んでいってくださいね。

この記事を読むと分かること
  • マッチングアプリで勧誘してくる人にありがちなプロフィール
  • マッチングアプリで勧誘してくる人のメッセージの特徴
  • 勧誘かどうか見極めるための注意点

マッチングアプリでの”勧誘”とは?

マッチングアプリは恋人との出会いを目的としたアプリですが、中には別のことを目的とした人が会員になり、勧誘をするケースがあります。

出会いを目的とした人をターゲットにして近づき、勧誘をし、自分の利益につなげるのです

マッチングアプリでの勧誘は、大きく分けて「マルチ商法」「投資勧誘」「宗教の勧誘」「ぼったくりバーの勧誘」に分けられます。それぞれどういったものか見ていきましょう。

 

マルチ商法とは?

マルチ商法とは、”ネットワークビジネス”や”マルチレベルマーケティング(MLM)”と呼ばれる商法の仕組みとなります。

販売組織へと入会して、商品やサービスを契約し、同じように自分の友人や恋人を入会させて、商品やサービスを購入させることで紹介料などの利益を受け取る、といったものになります。

仕組みとしては、ネズミ講に近いように見えますがサービスや契約が実物としてあるため、合法です。しかし、実際に儲かるのはごく一部の上層の人間のみで、勧誘を繰り返すことで信用を失い、人間関係が崩壊することが多いことが問題視されています。

マッチングアプリ内で一番多い勧誘が、このマルチ商法です。

 

投資勧誘とは?

投資勧誘とは、人に何かを投資させることで自分が利益を受け取れる仕組み全般を指します。

例えば、「上場する会社を知っているから、元本を保証するので投資しませんか?」「この商品を購入してくれたら、後で2倍の金額で買い取ります」といったように、何かに投資させます。

悪質な点は、投資した人に”あえて”儲けを出させるというところです。

1回、2回と投資し儲けを出し、「これは儲かる」と勘違いをした人には大きく投資させ、そのお金を持って逃げる、といった投資詐欺も存在しています。

 

宗教勧誘とは?

宗教勧誘とは、その名の通り自分の信じている宗教への勧誘を行う行為を指します。

危険なのは、カルト宗教といった「マインドコントロール」を目的とした宗教が存在する点です。

セミナー、合宿、ボランティア活動と称して人を勧誘し、マインドコントロールをしていきます。

宗教によっては個人に勧誘のノルマが課せられていたり、高額なセミナーや、祈祷料などを支払わなくてはいけないケースもあります。

 

ぼったくりバーの勧誘とは?

「馴染みの店があるから、そこで飲まない?」と誘われて行った店で、少しのお酒とおつまみを頼んだだけなのに数万円の支払いが必要になるというケースです。

狙われるのは観光客や田舎から出てきた、都会のバーでの料金相場が分からない人であることが多いです。

指定の店へのお誘いがある場合は、しっかりとした評価の店であるかネットで調べておきましょう。詳細不明の店にしつこく誘ってくる場合は、要注意です。

 

サクラとは?

勧誘ではありませんが、マッチングアプリでの「サクラ」が気になる方もいると思いますので、補足します。

サクラとは、実際はマッチングアプリの会員ではないが運営側から報酬を貰い、会員になりすます人を指します。

ひと昔前の出会い系サイトでは、「メール一通につき○○円」いったシステムだったこともあり、運営側がサクラを雇い、メールのやりとりを長引かせることで儲けを出していました。

ワンポイントメモ

現在のマッチングアプリの運営会社は大手企業も多く、システム的にもサクラを雇うメリットがないため、きちんとした大手マッチングアプリであればサクラの存在は気にしなくても良いでしょう。

出会い系サイトとマッチングアプリの違い

出会い系サイトとマッチングアプリの違い

出会い系サイトとマッチングアプリではこのような違いがあるので、事前に知っておくと良いでしょう!

 

マッチングアプリでマルチ商法に勧誘する人のプロフィール

マッチングアプリでマルチ商法に勧誘する人のプロフィール

マッチングアプリで一番多い勧誘は、マルチ商法です。マルチ商法に勧誘する人のプロフィール欄に多い特徴を挙げています。かなり露骨ですが、典型的なイメージとしてはこんな感じです。

マルチ商法にありがちなプロフィール

ありがたいことに、時間もお金にも余裕が出てきた自由人です(笑)
一年の半分は、のんびり遊んで暮らしています。
本業・副業ともにビジネスが順調で、仲間には感謝しかないです♪
年収:1,000万円~

 

お金持ちをアピールした写真

シャンパンを片手に大人数で写真を撮っているような写真や、高級ホテルで宿泊したことを自慢するかのような写真が多い人は要注意です。

また、プロフィール欄に、幸福、ビジネス、高収入、感謝、不労所得などのワードが入っている人は、勧誘組織に属している傾向が強いので注意しましょう。

注意

プロフィールに書かれた年収も証明されたものではないため勧誘するために適当に書かれている場合もあります。

 

自由をアピールした写真

リゾート地でサングラスをかけた写真が多かったり、プロフィール欄に「自由」「自由人」「お金はある」など書かれている人も要注意です。

彼らのターゲットは、会社勤めで疲れていて、自由に憧れを持った人たちでしょう。

 

ステータスが異常に高い

年齢の割に年収が高すぎるなど、ステータスが異常に高い場合、マルチ商法を目的としている可能性も高まります。

どのような仕事・職種なのか、会社を経営しているのか、など明確な答えをなかなか出してくれず「ビジネスだよ」とだけ答える場合は、かなり怪しいです。

容姿端麗・高収入・時間にも余裕がある、といった要素をすべて兼ね備えている人はどうしても気になるものですが、注意するに越したことはありません。

 

副業で稼いでますアピール

最近の傾向としては、時代の流れもあり「副業で稼いでいます」とアピールする人も増えています。

注意

副業の内容について、すらすらと説明してくれなかったり、ごまかすような場合は注意レベルを引き上げましょう

 

マッチングアプリでマルチ商法に勧誘してくる人のメッセージの特徴

マッチングアプリでマルチ商法に勧誘してくる人のメッセージの特徴

マルチ商法で勧誘してくる人のメッセージの内容で多く見られる傾向を挙げています。

マッチングアプリにおいて、メッセージの内容は、プロフィールや加入しているコミュニティついて話題になりがちです。

そのプロフィールやコミュニティの話から、自然な流れで勧誘へ誘導してきます。

 

イベントやセミナーに勧誘したがる

二人っきりで会うのではなく、イベントやセミナーに行こうと誘ってくるパターンです。

魅力的なプロフィールから「どんな仕事をしているんですか?」と気になった人に対して、「仕事が知りたいならイベントで会わない?」「セミナーに参加してくれれば分かると思う」といった勧誘を始めます。

マッチングアプリで出会った人と、わざわざイベントやセミナーで会う必要ってあるでしょうか?

お仕事の話を聞くのであれば、レストランやカフェでも十分のはずです。

ワンポイントメモ

具体的な仕事内容を教えてくれないにも関わらず「興味あればお茶でもしましょう。」と直接会って話すことに拘ることが多いので、興味を示さないことが大事です。

 

将来の夢を聞き出し「今すぐ叶えようよ」

メッセージのやりとりの中で、将来の夢について話をしていると「それって、今すぐ叶えられるよ。叶えようよ」と簡単に言ってくる人です。

それまでハードルが高いと思っていた将来の夢を「今すぐ叶えてあげる。方法を教えてあげる」と言われたら、すがりたくなる気持ちは分かります。

ただ、友人でも恋人でも無い人がそんな方法を親切に教えてくれるのには、必ず理由があるのです。

 

愚痴を聞き「自分は答えを持っている」風を出してくる

現在の仕事に不満を持っている人は、仕事のつらいことや愚痴を聞かれたら、メッセージでつい話してしまうかもしれません。

マルチ商法で勧誘してくる人は「自分ならすぐにその職場辞めるよ」「辞めても大丈夫だよ」と仕事を辞めても問題ない、という感じを出してきます

その方法を知るには直接会わなければいけなかったり、イベントやセミナーに参加しなくてはならなかったりと多様です。

 

「辞めようと思っているからLINE教えて?」

マルチ商法に限った話ではありませんが、「マッチングアプリを辞めようと思っているからLINE教えて?」と言ってくる人は、嘘であることが多いです。

いざLINEを教えたらマッチングアプリ内ではブロックをして、退会したように見せます。そして、運営側が目の届かないLINEなどのツールで勧誘をするというわけです。

 

「これって勧誘?」マッチングアプリで注意すべきポイント

「これって勧誘?」マッチングアプリで注意すべきポイント

プロフィールやメッセージのやりとりの傾向は分かっても、実際に勧誘なのか、デートのお誘いなのか判別が難しいものです。マルチ商法に関して、注意すべきポイントをまとめています。

 

勧誘者側に悪意が無い場合も多い

実は、勧誘している側に「マルチ商法をしている」という認識が無いケースも多いです。

彼らもまた騙されて勧誘された人であるため、本当に信頼している商品・サービスを、信頼できる人に教えてあげたい、教えてあげた人も儲けてもらいたい、という気持ちで勧誘しているのです。

マルチ商法の厄介な部分のひとつと言えるでしょう。キラキラした顔で勧誘している彼らもまた、騙されている側の人間である場合があるのです。

 

どんな”ビジネス”なのかは教えてくれない

華やかな写真、プロフィールを設定しているにも関わらず、ビジネスの内容については教えてくれない場合は注意が必要です。

「誤解が生じると良くないから会って話す」という常套句を使って、勧誘へ誘導します。

 

勧誘されて連れてこられた先に”偉い人”がいる

勧誘されて連れてこられた先で、”ビジネス”に更に詳しい人=勧誘リーダーがいる、というのはよくあるケースなので押さえておきましょう。

説明・勧誘がうまいAさんの元に、勧誘者のBさんが、何も知らないCさんを連れてくる、という方法をABC商法と言います。

 

静かなところで説明することが多い

ホテルのラウンジや、静かなカフェはパソコンや資料を広げて説明がしやすいため、勧誘場所として選ばれがちです。

マッチングアプリで誘われた先が、ホテルのラウンジやカフェであることもありますので、一概には言えません。

ですが、話をしていく中で「実は話があって・・・」と、資料を広げて説明をして来た場合は、マルチ商法を疑いながら話を聞くようにしましょう。

 

他の誰かには言わないで、とお願いされる

勧誘の手口として「このビジネスのことは誰にも言わないで」「よく知らない人が知ったら反対されるから言わないで」という謳い文句があります。

「あなただから誘った。他の人に伝えると特別感が薄れる」といった心理的な揺さぶりをするという意図と、マルチ商法だと分かっている人がこの話を知ったら、勧誘は失敗してしまうからという意図が隠れています。

参考マッチングアプリで怖い思いをしないためにやるべき5つのこと

 

相手がマルチ商法だと分かった場合の対処方法

マッチングアプリで出会った人がマルチ商法だと分かった場合の対処方法について、触れていきます。結論は、すぐにコンタクトを取るのをやめましょう、ということです。

 

会う前に勧誘だと分かった場合

会う前に明らかに勧誘だと分かった場合は、即ブロックで返信するのはやめましょう

しかし、メッセージの段階でガツガツ勧誘してくる人は少ないため、メッセージのやりとりでマルチ商法だと確定できることは少ないです。

判断は難しいですが、あまり興味が無い人とのやりとりで、怪しいなと感じる部分が多いようであれば、メッセージでやり取るのは控えても良いでしょう。

 

会ったときに勧誘されてしまった場合

メッセージのやりとりの段階では全く気付かなったけど、実際に会って話したところ勧誘されてしまった・・・というケースの対処方法について挙げています。

はっきりと断ること

「興味がない」ということを伝えつつ、はっきりと断りましょう。せっかく時間をかけてメッセージのやりとりをし、準備をして、会いにきたのに勧誘だったという結末は残念ですが、それ以上会話を続けても時間の無駄です。

ですが、相手を逆上させてトラブルに発展することは避けたいので、はっきりと断りながらも、煽ったり馬鹿にするような態度を取るのはやめましょう。

信用できると思っても、即決しないこと

「この人の話は信用できる」と思ったとしても、絶対にその場で即決することは避けましょう

場合によっては、2回・3回と会い、信頼関係が構築されていく中で勧誘されるケースもあります。

「この人は信用できるな」と思った頃合いなので、相手の言うことを信用してしまう、信用したいと思うかもしれません。

安易に、その場で契約を交わしたり、登録をしたりせず、一度帰ってネット検索をしたり、友人の意見を聞くようにしましょう。

 

勧誘されたら運営会社に通報すること

勧誘された場合はいかなるケースでも、運営会社に報告を入れるようにしましょう。

その際、証拠として、メッセージのやりとりのスクリーンショットを取っておくことが大事です。

現在、マッチングアプリの多くは、登録の際に免許証や健康保険証などを使って本人確認をするのが一般的です。

悪質な利用をする人は再登録できない、といった対処がなされます。これ以上、被害を増やさないためにも、運営企業に報告を入れるようにしましょう

 

まとめ

マッチングアプリで勧誘をしてくる人の特徴と対処方法について解説してきましたが、彼らは「楽して高額な報酬を得られる方法を知っている」という雰囲気で近寄ってきます

しかし、インターネットでありとあらゆる情報を共有できる現代において、楽して稼げる方法があれば情報は必ず拡散されているはずです。

マッチングアプリでの出会いに限らず、甘い言葉には注意して、情報を調べるようにしましょう。

他の記事では、実際に体験談を元にこんなやばい人がいたというエピソードを紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

関連マッチングアプリにいた「やばい地雷女」まとめ

関連マッチングアプリにいたやばい男との体験談

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *