〜 403人が選ぶおすすめのマッチングアプリ!プロが語る正しい選び方も紹介 〜

【要注意!】マッチングアプリからぼったくりバーに連れて行く人の特徴

キャッチからぼったくりバーに連れて行かれることは昔からよくありますが、近年ではマッチングアプリからぼったくりバーに連れて行く人が増えています。

ぼったくりバーに連れて行かれると、法外な値段を請求されるので、気を付けなければいけません。

今回はマッチングアプリからぼったくりバーへ連れて行かれないための対処法や、誘いだす女性の特徴を解説します。

安全にマッチングアプリを使うために、怪しい女性には注意しましょう。

この記事を読むと分かること
  • マッチングアプリにいるぼったくりバーに連れて行こうとする女性の特徴
  • 会う前にできる対処法
  • 会ってしまった場合の対処法
  • ぼったくりが少ないおすすめマッチングアプリ
ぼったくりバーに誘われにくいにアプリTOP7
1位

Dine

  • デートの場所がアプリ内から選べるのでボッタクリの心配なし
  • マッチング成立後は48時間以内にデートの予定を決めるだけ
  • 何通ものやり取りは不要で出会える

Dineを使ってみる

2位

いきなりデート

  • デート場所はスタッフが手配するのでボッタクリの心配なし
  • デート可能な候補日を入力するだけで出会える
  • ハイスペック男女のみが登録できるアプリで厳しい審査あり

いきなりデートを使ってみる

3位

Omiai

  • 通報サポートが充実しているので、怪しい会員は排除されている
  • 検索機能の性能が高く、年齢や体型、出身地といった細かな設定ができる
  • 真面目な会員が多い

Omiaiを使ってみる

4位

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

  • 担当のコンシェルジュが初デートの日にちや場所を調整してくれる機能あり
  • 価値観診断により、より価値観が合った相手が見つかる
  • 男女ともに料金がかかるので真剣度が高い

ゼクシィ縁結びを使ってみる

5位

with

  • 相性診断や好みのカード機能が充実している
  • 定期的な占い診断もありイベントも多い
  • 中身重視の会員が多い

withを使ってみる

6位

ペアーズ

Pairs

  • 24時間365日監視体制で悪質ユーザーを徹底排除
  • ビデオデート機能があり、出会う前に相手を知れる
  • コミュニティが多く相性の良い相手を見つけられる

Pairsを使ってみる

7位

タップル

タップル

  • 24時間365日の監視体制を構築し年齢確認も徹底
  • 表示された相手をすわぷするだけなのでアプリ初心者も安心
  • 婚活目的よりも恋活目的の会員が多い

タップルを使ってみる

目次

ぼったくりバーとは

ぼったくりバーは、高額な料金を請求するバーです。

説明されていない料金を請求されたり、1ドリンクあたりありえない金額を提示してきます。

お店自体は一見普通のバーなので、つい安心して入ってしまう人が多いです。

しかし油断すると、お会計時に痛い目を見るので注意しなければいけません。

ぼったくりバーの料金

基本的なドリンクなどの金額は、メニュー表に記載されています。

しかし、お会計時には記載されている料金に+αがかかり、結果的に高額になるのです。

+αの部分はお店によって異なりますが、サービス料やドリンクの氷代などがあります。

ぼったくりバー体験者の投稿では、3人サワー1杯ずつで2万円。

サワー1杯約7千円の計算になりますね。

マッチングアプリ女性とぼったくりバーの関係性

ぼったくりバーの仕組み

マッチングアプリの女性とぼったくりバーは、協力関係にあります。

ぼったくりバーで女性が働いてるわけではありません。

女性が男性を連れてくれば、その見返りとして女性に報酬が渡されます。

ぼったくりバーで働いている男性の知人である場合が多いです。

女性は、割の良いお小遣い稼ぎ程度と考えているでしょう。

マッチングアプリを使ったぼったくりバーの事例

マッチングアプリを使ったぼったくりバーの事例

実際にマッチングアプリを通じて、ぼったくりバーに連れて行かれた事例はたくさんあります。

被害総額は100万円以上を超えるものもあり、世間的にも危険視されているのです。

こちらでは、東京と神奈川であったぼったくり事件について詳しく紹介します。

ぼったくりバーで騙されないためにも、ぜひ参考にご覧ください。

東京・歌舞伎町で起きたぼったくり事件

東京にある歌舞伎町では、男女16名がマッチングアプリを悪用して複数の男性をぼったくりバーへ誘導した事件があります。

誘い出された男性客は、出会った女性から「知りたいのバーがある」と言われて付いて行くと、お店の男性スタッフから「1時間5000円飲み放題」と伝えられました。

しかし罰ゲームに使っていたリキュールは飲み放題の料金に含まれておらず、1杯3000円で法外な請求をしました。

被害者の男性5名は13万円~33万円程度の請求をされて、実際に支払いをおこなったと証言しています。

歌舞伎町周辺ではマッチングアプリを悪用した事件が増えており、被害額は5700万円以上になっているとのこと。

サクラ役の女性や男性客は闇バイトを通じて集められているので、同じような被害を受けないためにも十分注意する必要があります。

神奈川・横浜市で起きたぼったくり事件

神奈川の横浜市では、マッチングアプリで知り合った男性をバーへと誘導する事件がありました。

バーでは男性が50万円以上の請求をされると、サクラである女性が「半分を支払う」といって残りの代金を支払わせていました。

同じ店から2023年1月以降に6件の被害相談があったことが報道されており、バーのオーナーは容疑を認めていません。

マッチングアプリにはこのような女性や男性が少なからずいるため、実際に出会うときは気をつけるようにしましょう。

実際にマッチングアプリでぼったくりバーに連れて行かれた人の声

実際にマッチングアプリでぼったくりバーに連れて行かれた人の声

実際にマッチングアプリを使った手口は広まっています。

どの位の人が被害に遭っているのか、SNSの投稿を見ていきましょう。

https://twitter.com/shibuyaproducer/status/1085147691070283776?s=20

Twitterの投稿だけでも、多くの被害者が見つかりました。

近年マッチングアプリを使った手口は増えているので、気を付けなければいけませんね。

マッチングアプリからぼったくりバーで騙されやすい人の特徴

マッチングアプリからぼったくりバーで騙されやすい人の特徴

マッチングアプリからぼったくりバーで騙されやすい人には、以下のような特徴があります。

  • 女性慣れしていない
  • 都会の人間に慣れていない
  • 性格が優しすぎる

それでは詳しく説明していきます。

女性慣れしていない

恋愛経験が少なく女性慣れしていない男性は、ぼったくりバーへ誘導されがちです。

相手はメッセージや通話のやり取りから女性慣れしているかを判断しているため、良いカモを見つければターゲットにされてしまいます。

実際に会っても女性に主導権を握られてしまい、知らずにぼったくりバーへと誘導されてしまうでしょう。

マッチングアプリ上のプロフィールでは女性慣れしていないことを記載せず、やり取りでもバレないよう注意を配るようにしてください。

都会の人間に慣れていない

田舎から都会にやってきた男性もぼったくりバーのターゲットにされやすいです。

田舎から来た人は都会の料金感覚がわからないので、ぼったくりバーに連れて行かれても通常価格かどうかを判断できません。

そのため「都会はこれくらいの料金設定なんだ」と思ってしまい、知らずに高額なお金を支払っている可能性もあります。

こちらも前述と同じですが、プロフィールややり取りから都会に出てきたばかりということは伏せておきましょう。

性格が優しすぎる

性格が優しすぎる人もぼったくりバーへ誘導されやすいです。

女性から「お金に困っているから助けてほしい」、「家出してお金がない」などといわれると、善意から助けてあげたくなるのです。

ぼったくりバーだとわかっていても優しさからついて行ってしまう人もいるでしょう。

優しい性格は状況によって悪い方向へと誘導されてしまうので、ときには警戒する意識を持つことが大切です。

マッチングアプリでぼったくりバーに誘導する女性の特徴

マッチングアプリでぼったくりバーに誘導する女性の特徴

ぼったくりバーに誘導する女性の特徴を紹介します。

プロフィールからわかる特徴と、メッセージからわかる特徴があるので、見つけたら注意してください。

もしやり取りしても、メッセージの時点で怪しいと思ったら、無理に会う必要はありません。

もちろん普通の女性の場合もありますが、細心の注意で対応しましょう。

プロフィール例

プロフィールは、写真や文章をチェックしてください。

主な特徴は4つです。

ぼったくりバー女の特徴
  • 可愛すぎる・美人すぎる
  • エロい写真・エロい自己紹介文を載せている
  • 「最近バーにハマっている」と書いている
  • 「今日飲みにいきましょう」と書いている

4つ全て当てはまっている場合は、高確率でぼったくりバーの誘導だと考えてください。

以下に該当する女性には注意しましょう。

可愛すぎる・美人すぎる

アプリのメイン写真がモデル級の美女であったり、アイドルのように可愛かったりする場合は要注意です。

広い画像などを利用し男性の気を引こうとしている可能性が高いのです。

写真が怪しいと思ったら、グーグルの画像検索などを活用して広い画像か確認してみましょう。

もし発見できた場合は、悪実に悪意を持って登録しているユーザーなのでブロックするのがおすすめです。

エロい写真を使っている・エロい関係を匂わせている

エロさを感じさせる女性は注意してください。

エロを餌に男性をおびき寄せようとしています。

エロい写真を使っていたり、プロフィールにエロい関係を匂わせていたら注意しましょう。

プロフィール例

大人の関係希望です

最初からいきなりはさすがに抵抗あるので、まずは飲みに行きませんか?

大々的にエロい関係を募集している女性は何かしら裏があります。

ぼったくりバーではなくとも、美人局やサポート希望の可能性が高いので注意してください

最近バーにハマっている

プロフィールに「最近バーにハマってます」と書いてある場合は注意です。

プロフィールに記載しておくことで、バーに誘導しようとしています。

完全に誘導女性とは限らないので、試しにメッセージしてみるのは良いでしょう。

ただ、誘導女性の可能性は高いので、十分に注意してください。

今日飲みにいきましょう

プロフィールに「今日飲みにいきましょう」と記載している女性は注意してください。

ワンポイントメモ

普通の出会いを求めている女性からすれば、「今日いきなり飲みに行くのは怖い」と思う人がほとんどです。

その中でこう書いているのは、手取り早くぼったくりバーに連れて行き、小遣い稼ぎがしたいという思いがあるからです。

もちろん中には突発的に飲みに行きたい女性もいるので、混合しないように気をつけてください。

メッセージ例

ぼったくりバー誘導女性の、メッセージ例を紹介します。

やり取りした場合、以下のようなメッセージが来たら注意しましょう。

メッセージの時点で気づけば、会わない方向に持っていけます。

以下のような内容が送られてきたら、会わない方が良いでしょう。

「行きつけのバーがある」に注意

飲みに行く話の流れから「行きつけのバーがある」と言われたら注意してください。

この時点でぼったくりバーに誘導しようとしています。

もし行きつけのバーに誘われたら、他のバーを提案してみましょう。

他のバーでダメだと言われたら、ぼったくりバー誘導女性の可能性大です。

「行きたいところがある」に注意

「行きたいところがある」という誘いに注意してください。

「行きつけのバー」同様、「行きたいところ」の時点でお店を指定しようとしています

もし言われたら、どんな場所か聞いてみましょう。

バーや飲み屋、知り合いのお店と言われたら、ぼったくりバーの可能性が高いです。

待ち合わせ場所の融通が利かない場合は注意

待ち合わせ場所を決める際に、融通が利かない場合はかなりの確率でぼったくりバーでしょう。

単純に会うだけなら、お互いの会いやすい場所や、人目の多い場所で会うのが一般的な考えです。

女性から待ち合わせ場所を提案してきて、こちら側の意見を全く聞いてくれない場合、「どうしてもそこに連れて行きたい理由がある」と考えられます。

ぼったくりバーではなくとも、何かしら裏があるでしょう。

即会い系掲示板で募集している

アプリの中には、「今すぐ会いたい」などの即会い掲示板が用意されているところもあります。

そちらで頻繁に募集している女性はぼったくりバーへ誘導しようとしている可能性が高いので要注意です。

メッセージ例

新宿あたりで飲みたいです。

今日は酔いたいな。池袋あたりで飲みたい気分。

都内で美味しいものを食べに行きたいです。

以上のような投稿を見かけたら、避けるのが無難です。

こちらに店を選ばせない

実際に会ってもデートする店を選ばせない女性は、ぼったくりバーへ誘導する可能性が高いです。

普通ならお互いに決めた店へ向かうことが基本ですが、すでに店を選んでいるのは不自然です。

こちらが店について聞いても無視されることが多いので、絶対に同行しないようにしましょう。

会話から少しでも違和感を感じたらすぐにデートを中止することをおすすめします。

遊び目的で使いたい人が合わせて使いたいアプリ

YYC(ワイワイシー)

YYCは、会員数1,400万人以上、18年の利用実績がある出会い系サイトです。

マッチングしなくてもメッセージを送れるのが特徴で、出会うまでのスピードが早いです。

例えば「今日これから会える人を探したいな〜」という時にも使えるのが良いですね!

\ 登録は無料!/

YYC(ワイワイシー)を使ってみる

マッチングアプリで会う前にできるぼったくりバーへの対処法

マッチングアプリで会う前にできるぼったくりバーへの対処法

もし会う約束まで進んでしまった場合は、会う前にできるだけの対策をとりましょう。

対策をとっておけば、ぼったくり被害は避けられます。

女性の言いなりになってしまうと、そのままぼったくりバーに連れて行かれてしまうでしょう。

会う話になったら、以下の7つを実践してみてください。

待ち合わせ場所を指定する

怪しいと思ったら、待ち合わせ場所をこちらから指定しましょう。

仕事などを理由に、「そこまでは行けない」と伝えれば、普通の女性なら対応してくれます。

注意

どうしても待ち合わせ場所を変えない場合は、かなり怪しいので、会う約束はしないでください。

怪しいと思ったら会わない

メッセージのやり取りの中で、少しでも怪しいと感じたら会うのをやめましょう。

もったいないと思うかもしれませんが、会っても理想の関係にはなれません。

女性はあの手この手で誘おうとしてきますが、しつこければしつこいほど怪しいです。

怪しいと感じたら一度冷静に考え直してみましょう。

おかしい点がいくつもあるなら、約束しないようにしてください。

お店を調べる

もしバーに誘われた場合は、事前にお店の名前や場所を聞いて調べておきましょう。

ぼったくりバーならば、ネット上でヒットしない、または良い評価は入っていません。

女性はお店の名前をごまかすかもしれませんが、その時はストレートに「最近ぼったくりとかあるから事前に調べておきたい」と伝えて良いです。

それで返事が来なくなれば、誘導女性確定と考えて良いでしょう。

昼間に会う

どうしても会わなければいけない場合は、昼間に会いましょう。

バーならば夜しかやっていないはずです。

昼間の時間帯を指定して会ってくれないなら、誘導女性の可能性があります。

どうしても夜でなければ会えないと言ってくるなら、どちらにしても都合が合いにくい女性なので、関係は切ってしまいましょう。

本性がわかるまでは普通に付き合う

相手とのやり取りがうまくいっていたとしても、本性がわかるまでは冷静に付き合うことが大切です。

理由としては、深い関係になるタイミングでぼったくりバーへ誘導してくる可能性があるからです。

なかには本当に交際を意識してくれている女性もいるため、あくまで普通に付き合うことをおすすめします。

注意することを忘れずに相手のことをゆっくり理解していくように心がけておきましょう。

必要以上のお金を持たない

マッチングアプリで知り合った相手と出会うときは、必要以上のお金を持って行かないようにしましょう。

相手にお金があることを知られると、ぼったくりバーへと誘導されるリスクが高くなってしまいます。

相手が決めたお店に誘導されそうになったとしても「持ち合わせがない」ことを伝えれば拒否できます。

財布に入れておくお金は多くても1万円、少なくても5,000円程度にしておきましょう。

身分証・カードは持って行かない

実際に相手と出会うときは、身分証やクレジットカードは持って行かないようにしましょう。

とくに身分証を見られてしまうと、相手に氏名や住所、電話番号などを特定されてしまう恐れがあります。

また、クレジットカードを盗まれると無断使用をされる可能性もあるので、十分注意しなければいけません。

相手との信頼関係を築けるまでは、自分の身分証やカードは持って行かないようにしてください。

会ってしまった場合のぼったくりバー対処法

会ってしまった場合のぼったくりバー対処法

もし待ち合わせまで進んでしまった場合の対処法を解説します。

基本的には待ち合わせになる前に、メッセージやプロフィールなどで見破るようにしてください。

会ってからだとどうにもならない場合もあります。

もし会ってしまったら、以下の方法で切り抜けましょう。

絶対にバーに行かない

誘導女性であっても、いきなりバーで待ち合わせにはなりません。

駅や分かりやすい場所で待ち合わせしてから、バーへ移動する流れになるでしょう。

女性がバーに誘ってきたら、かたくなに拒否してください。

断る理由は「今日は時間がない」「今日はお酒飲めない」など、なんでも良いです。

なにがなんでもバーには行かないようにしましょう。

お金がないことを強調

バーへ誘われたら、お金がないことを強調してください。

誘導女性はお金目当てなので、お金を持っていなければ連れて行く意味がありません。

とはいえ、実際お店に連れて行かれると「ATMで引きだしてこい」と言われます。

それすらもできないように「今日は最低限しか持っていない」「顔合わせだけだと思ったから電子マネーしか持ってきていない」などと伝えましょう。

お金を引っ張れないとわかれば、女性は諦めます。

もしもぼったくりバーのお店に行ってしまったら…

もしもぼったくりバーのお店に行ってしまったら…

もしもお店に行ってしまった場合の対処法を解説します。

お店で被害に遭ってしまったら、以下の方法で対処してください。

しかし、基本的にはお店まで行かないのが一番です。

被害に遭った場合の対策は、最悪の手段として覚えておきましょう。

お店とのやり取りを録音

お店に入った時から、会話を録音しておいてください。

ぼったくりバーは「最初に説明した」と言ってくるので、水掛け論にならないための証拠です。

録音しておけば、後々警察に相談する時に有利になります。

バレてしまうと消去されるので、バレないように録音してください。

警察に相談

被害に遭ったら、まずは警察に相談してください。

ただし、警察に相談するのは暴行や脅しを受けた時です。

お金のやり取りだけでは「民事不介入」となる場合がほとんどで、警察に相談しても相手にしてくれません。

胸ぐらをつかまれたり、高圧的な態度で脅された時は警察が動いてくれます。

暴行を証明する証拠を残しておくと良いでしょう。

弁護士に相談

高額な料金を払ってしまった場合、弁護士に相談してみましょう。

弁護士に相談した場合、主に以下の対応が可能です。

  • メニューに掲載されていない・明らかにわかりづらい料金の場合「錯誤による無効」
  • 高圧的な態度でやむを得ず支払った場合「脅迫による契約の取り消し」

証拠さえあれば払ってしまったお金を取り戻せます。

クレジットカードで支払う

最悪の場合、現金ではなくクレジットカードで支払いましょう。

クレジットカードで支払っておくと後から「支払い停止の抗弁」という手続きができます。

「支払い停止の抗弁」は、不正利用などの際に支払いを拒否できる制度です。

「支払い停止の抗弁」を使う場合は、以下の情報をメモしておきましょう。

  • 使用したクレジットカード
  • バーに行った日時
  • バーの名前

不安な場合はデーティングアプリがおすすめ

ぼったくりバーへの誘導が不安な時は、使用アプリを変えてみましょう。

待ち合わせ場所を自分で決める場合、少なからずぼったくりバーに連れて行かれる可能性があります。

そこで使えるのが、レストラン自動予約のアプリです。

アプリ内でデートするレストランを決められるので、ぼったくりバーに連れて行かれる心配はありません。

Dine

Dineは「デートにコミットする」がコンセプトのマッチングアプリです。

コンセプト通り、何通ものメッセージのやり取りは必要なし。

マッチング成立した後は、48時間以内にデートの予定を決めるだけです。

デートの場所はアプリ内から選べるので、ぼったくりの心配は一切ありません。

Dineの口コミ

Dine利用者の体験談を集めてみました。

dineはお店で会うという公感と、クレジットカード登録やキャンセル料等のペナルティがあるためか、お会いしたのはちゃんとした方ばかりでした。
普通のマッチングアプリは人を見て選ぶばかりで疲れてきますが、dineは色んな飲食店も見ることができるので楽しいし、単純に会うモチベーションも上がります。
引用:App Storeプレビュー

他のアプリも使いましたがチャットのやりとりがとてもめんどくさく、嫌なこと言われたり。
メールで大丈夫かなと思って会ったら、それはそれでセクハラなことを言われたりと、とにかくめんどくさく、アプリ出会い反対論者でした。

このアプリは行きたいレストランでマッチング→日程調整→話して相互理解なのでとっても楽です。
結局、人は会ってはなさないとわからない。

仮にあまり合わない人だったとしても、ご飯は美味しいし行きたい店なので目的として半分は達成できる。
それだけでもまぁいいかと思います。
私はわりかんでもうまいもん食べたらokをゴールにラフに使いました。
引用:App Storeプレビュー

・事前のやりとりなく会えるので、一般的なマッチングアプリと比較して先入観なく会えるのがとても良い。
・Dineを介してお店を予約すること。キャンセル料のシステムがあること。これらのおかげで安心して利用できる。
引用:App Storeプレビュー

キャンセル料システムが有ることで、確実に会えるということで高く評価されています。

また、クレジットカード登録やキャンセル料といったペナルティがあることでしっかりとした人が登録していることに安心を感じている方が多いようです。

アプリのシステム上、ぼったくりバー関連の事件に巻き込まれることはまず考えられないので、ぜひおさえておきたいアプリのひとつです。

Dineについて、なかなかと出会えないということであれば以下の記事を参考にしてみてください。

参考Dine(ダイン)の使い方!マッチングから出会うまでの流れとは

Dineを使ってみる

いきなりデート

いきなりデートいいねもメッセージも無しの、デートに特化したアプリです。

使い方は、デート可能な候補日を入力するだけ。

同じ日時で空いていれば自動的にマッチングして、お互いに興味があればデート成立です。

レストランはすべてスタッフが手配するので、ぼったくりの心配はありません。

ただし、ハイスペック男女のマッチングアプリなので、登録審査に厳しい基準があります。

いきなりデートの口コミ

いきなりデート利用者の体験談を集めてみました。

女性も有料なので冷やかしや勧誘目的ではない真面目に出会いを求める方が多いのではないでしょうか?

デート場所は選べません。お店も運営任せですが+300円でエリア指定はできるそうです。
私がデートしたのは主な開催エリアとしてあげられてる所ではありませんでした。

登録の時に他のマッチングアプリで求められる免許証などの提示はありません。顔写真の登録はありますが相手に見られるものではないので映えも盛りも気にせず真正面ドアップで大丈夫です。
引用:App Storeプレビュー

このアプリは、高学歴、高収入であるが、自分に自信がなく、恋愛経験が少ない男性にオススメです。(いきなりデートでは、男性は高学歴、高収入でなければ、審査に合格することができません。)私は婚活として始めましたが、大学を卒業してすぐの若いうちに、恋活として始めることもおすすめします。

高学歴・理系には、「それなりの潜在的なモテ要素を持っているが、恋愛経験が少なく、どう女性にアピールすれば良いかわからない男性」も多いと思います。このアプリでは、それらの男性にとって、女性と会話するという最も基本的なことから始めることが出来ます。マッチングすれば、当日お店に行くことで、女性と話すことが出来るため、食事を共にして、きちんと世間話を続けるという練習から始めることができます。そのような経験を積み重ねて、女性とうまく話すにはどうすれば良いか、自分に足りないものは何か、という問に対する答えを見つけ出すことが出来るでしょう。
引用:App Storeプレビュー

・マッチしたらすぐデートできる
サービスのコンセプト通り、メッセージ不要でデートできます。キャンセルすると罰金があるため、ドタキャン防止もしっかりしています。

・綺麗な方が多い
運営にて審査されているため、綺麗な方が多い印象でした。実際お会いした方も写真と違うこともありませんでした。
引用:App Storeプレビュー

女性会員も有料なので、真面目な方が多いといった声が多くありました。

ボッタクリという犯罪行為をする上で有料といったリスクを取ることは基本的にないと思われるので、いきなりデートは安心して登録できるアプリです。

さらに、デートのキャンセルをすると罰金もあるので、ドタキャンをされることがない点も多くの会員から高く評価されています。

いきなりデートを使ってみる

ぼったくり被害を受けないおすすめマッチングアプリ5選

ぼったくり被害を受けないおすすめマッチングアプリ3選

こちらでは、ぼったくり被害を受けないおすすめマッチングアプリを紹介します。

多くのマッチングアプリから真剣な出会いができるものを5つ厳選しました。

それぞれのアプリに関する特徴を表にしてまとめてみたので、ぜひ参考にしながらご覧ください。

特徴・機能 主な目的 主な年齢層 料金
Omiai 真剣な出会いを楽しめる 恋活・婚活 20代〜40代 男性:4,800円/月、女性:無料
ゼクシィ縁結び 結婚目的の相手を見つけられる 婚活 20代〜40代 男性:2,640円/月、女性:2,640円/月
with 相性診断で自分に合った相手をマッチングできる 恋活・婚活 10代〜20代 男性:4,200円/月、女性:無料
Pairs 男女ともに利用者が多い 恋活・婚活 10代〜30代 男性:3,700円/月、女性:無料
タップル 使いやすくて出会いやすい 恋活 10代〜20代 男性:4,400円/月、女性:無料

1.Omiai

Omiai

基本情報
運営会社 株式会社ネットマーケティング
会員数 約500万人
年齢層 20代~30代
料金 女性:無料/男性:4,800円/月〜

Omiaiは、真剣な出会いを求める男女が多いマッチングアプリです。

実際にOmiaiから知り合い、交際を続けて結婚したカップルも多い点が特徴です。

検索機能では年齢や体型、出身地など細かな条件を設定して好みの相手を見つけられます。

運営側のサポートも充実しており、怪しいユーザーを見つけたらイエローカードによって通報されます。

また「いいね」を多くもらっている女性を表示することもできるので、人気な相手を見つけてアプローチをかけられる点も魅力です。

マッチングアプリのなかでは月額料金が高いですが、確実に相手と出会えるチャンスを作りたい方にはおすすめです。

Omiaiの口コミ

Omiai利用者の体験談を集めてみました。

実際に利用してみて思ったのは、予想以上に真面目に恋活、婚活しているっていうユーザーが多いと感じました。やはりアプリ名が「オミアイ」なだけありますね(笑)本当にユーザーもかなりの数いるので、深夜とか平日の昼間とか、人の少なそうな時間帯にアプリ開いても、ちゃんとマッチングできます。きっとどんな生活スタイルの人でも満足して使えるんじゃないでしょうか。過疎ってる時間帯がないというのは本当にありがたいです。

そしてユーザー数が多いので、普段生活していると出会えないような人と話せるというのも楽しいです。自分の知らない世界の話を直接聞けるので勉強になるなと感じることも多いですし、刺激的です。
引用:App Storeプレビュー

口コミを確認すると、Omiaiで出会えた人が多いことが分かります。

デートまでスムーズに行けた人が多いため、ぜひ有効活用したいところ。

一方で、ぼったくりにあっていないものの高いお店に誘われた経験がある方もいるようなので、口コミにあるように断る勇気も必要です。

以下、Omiaiで効率的に出会うために必要なことを解説しているページを紹介するので、そちらもぜひ参考にしてください。

参考Omiaiでマッチング数を増やす8つの方法!マッチしない人必見

Omiaiを使ってみる

2.ゼクシィ縁結び

基本情報
運営会社 株式会社リクルート
会員数 約150万人
年齢層 20代〜30代
料金 女性:4,378円/月〜/男性:4,378円/月〜

ゼクシィ縁結びは、大手会社であるリクルートが運営しているマッチングアプリです。

マッチングアプリには珍しく男女ともに料金がかかるため、お互いに本気の出会いを求めている人たちが集まります。

会員登録時に「価値観診断」があり、18個の質問から結婚に対する価値観を診断できる点が特徴です。

また担当のコンシェルジュが初デートの日にちや場所を調整してくれる機能もあるので、アプリ初心者でも安心して相手と出会えます。

結婚を視野に入れた相手と出会いたい方におすすめです。

ゼクシィ縁結びの口コミ

ゼクシィ縁結び利用者の体験談を集めてみました。

・料金設定が分かりやすい。
・結婚相談所と比べると非常に良心的な価格。
・pと比べてプロフィール写真が大きくて見やすい。
・男女共に同じ利用量が発生するため、pの利用者よりも真剣に婚活してる方が多い。
・お相手の並び替え機能がpよりも充実しており、探すのが容易。
・基本プロフィールに「子供が欲しいか」という項目があったのは個人的に有難かった。
・総じて、CP的に満足度は高かったです。
引用:App Storeプレビュー

30代後半のバツイチ会社員です。

結果的には20代半ばの一回り年下の彼女ができました。もうすぐ2ヶ月目です。ありがとうございます! 6ヶ月会員で実質1ヶ月しか使っていませんが、結果がよかったので私的にはよかったと思います😌
引用:App Storeプレビュー

月額は高いけどとりあえず有料会員にしてみた。婚活成功保証とか言う、6ヶ月又は12ヶ月プランを選んだ人はもう半年有料会員を無料で続けられるらしいが、その条件に「月30以上いいね!を送る」とあった。
会員がまだまだ少なく、条件緩くしてもあまり検索に引っかからない状況でそれは難しいんじゃないかなと…。
さすがに結婚に焦りがあってアプリを利用しているとはいえ、誰でもいい訳じゃないわ。
その点だけ不満。

でもちゃんと出会えてるので総評は星4で。
引用:App Storeプレビュー

良心的な価格設定に好感を持っている方が多いようです(逆に高いと感じている方も居ます)。

さらに、ペアーズと比較して真剣度が高いと感じている方も少なくありません。

検索機能が充実しているので、意中にあった相手が探しやすいところにも注目です。

以下、ゼクシィ縁結びにおけるサクラや業者について解説しているページを掲載しておくので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

参考ゼクシィ縁結びにサクラ・業者はいる!?気をつけるべき危険人物4選

ゼクシィ縁結びを使ってみる

3.with

基本情報
運営会社 株式会社with
会員数 約600万人
年齢層 10代~20代
料金 女性:無料/男性:3,600円/月〜

withは、若い年齢層の男女が集まっているマッチングアプリです。

相性診断や好みのカード機能が充実しており、共通点の多い相手を見つけられる点が特徴です。

また定期的な占い診断もあるので、季節やイベントに合わせた相手を探すこともできます。

見た目だけではなく、中身もしっかりチェックしながら出会いたい方におすすめです。

withの口コミ

with利用者の体験談を集めてみました。

使いたての私でもすぐに慣れることの出来た親切なつくりに全体がなっていましたし、ちゃんと真面目に出会いたい人が使える機能が揃っているな、と感じたので、使い出してすぐに感じた不安や心配は、杞憂に終わりました。

会員数もそれなりにいますが、そこまで変な人にも冷やかし目的な感覚の人にも今のところ遭っていないので、このアプリでなら、上手く使えば婚活も成功できそうだと思いました。
引用:App Storeプレビュー

機能としては、簡単な心理テストに答えることで、性格や価値観の合う相手が見つかるというもの、性格が合う相手を探せるマッチングアプリなんて、今まで聞いたことないし、正直半信半疑な部分もありましたが、本当に性格の合う人と複数人マッチングすることが出来、そのうちの一人と交際することが出来ました!

よく、すぐマッチングするとか謳っているアプリはありましたが、マッチングしても結局無視されたり、メッセージのやり取りが続かないことが殆どのマッチングアプリでしたが、WITHに関しては、趣味趣向の合う人とかを探せる便利な機能があるので、そういうことが滅多になかったです。私の趣味は外でご飯を食べに行ったり、キャンプとか、釣りとか、アウトドア派でしたが、彼女も同じアウトドア好きでしたので、今では、休日に食べログで調べたランキングの高いお店に行ったり、釣りや、キャンプなども行ける仲になれました。

後こういうマッチングアプリって桜とか業者の懸念もありますが、ここに限っては運営が24時間365日の監視体制で監視を行ってくれていますので、そういった人と出くわす心配もなかったです。さすがに上場企業が運営しているだけあるなって思いました。
引用:App Storeプレビュー

アプリ初心者でも簡単に利用できるとの口コミがありました。

さらに、心理テストがあるため性格や価値観が合う相手が探しやすいといった点にも注目です。

一方で、マッチするもののデートをするまでにハードルを感じている方もいるようです。

ちなみに、サクラや業者については口コミにあるように監視体制がしっかりとしているので心配はありません。

問題がある会員は定期的に削除されているので、ぼったくりに遭う可能性はかなり低いです。

withを使ってみる

4.Pairs

基本情報
運営会社 株式会社エウレカ
会員数 約2,000万人
年齢層 10代~30代
料金 女性:無料/男性:3,700円/月〜

Pairsは、男女ともに多くのユーザーが登録しているマッチングアプリです。

独自機能である「コミュニティ」では、自分と共通点の多い相手を見つけられます。

また、24時間365日監視体制のカスタマーケアがあるので、悪質なユーザーを特定・削除できます。

実際に出会う前にはビデオデートができるため、相手の雰囲気や特徴を知ったうえで出会うことが可能です。

安全安心を第一に考えたマッチングアプリを利用したいなら、Pairsを選べば間違いありません。

Pairsの口コミ

Pairs利用者の体験談を集めてみました。

サクラ、詐欺対策は、慣れるしかないです。

自分は最初の返信メッセージが
よろしくお願いします
とか
いいねありがとうございました
とか一行の時はブロックしてました。
どうせやりとり続かないし時間の無駄です。
あとは、むしろ、いいねが多くログインが24時間以内の子にいいねを送ってました。

たくさんのいいねをもらってるのにログインしてるという事は、出会いに真剣である可能性が高いのと、たくさん相手を見てるなかで、全員とやり取りしてるわけではないので、もし相手からいいねが返ってくるとその時点で相手も自分にある程度興味を持ってくれてる

と判断でき、その後発展しやすかったです。

当然返ってこない事のほうが多いし、前述した通り返信が簡素ならサクラっぽいのでブロックします。
過度な期待で1人に固執せず、自分なりのルールを持って頑張ってください。
引用:App Storeプレビュー

Pairsを利用して美女をお持ち帰りできた、綺麗な子とデートできたといった口コミがありました。

一方で、サクラや業者対策は必要といった声もあったので紹介させていただきました。

参考になる内容であり、返信の内容があまりに簡素な場合はそこでやり取りを終了するのは安全策の1つと言えます。

Pairsを使ってみる

5.タップル

タップル

基本情報
運営会社 株式会社サイバーエージェント
会員数 約1700万人
年齢層 10代~20代
料金 女性:無料/男性:4,400円/月〜

タップルは、20代男女が中心に利用しているマッチングアプリです。

年齢層は比較的若いので、婚活目的よりも恋人探しとして利用しているユーザーが多いです。

使い方も表示された相手をスワイプするだけなので、マッチングアプリ初心者でも簡単に使えます。

興味のあるタグを設定しておけば、共通の話題で盛り上がることもできます。

24時間365日の監視体制や本人確認などを徹底しているため、悪質なユーザーに出会う心配もありません。

難しい機能をなくして、スムーズな出会いを求めている方におすすめです。

タップルの口コミ

タップル利用者の体験談を集めてみました。

このタップルのユーザーさんは比較的真面目な人が多いようで、他の方の
プロフィールを見る限りでは結構真剣に出会いに取り組んでいるような印象を受けましたね。
個人的にはもう数年彼女すらいない状況でしたので、女性とのやり取りに緊張感しかなく、うまく
やり取りできるのか不安しかありませんでしたが、やって行くうちにその辺は問題視するようなこと
でもないと思うようになりましたね。始めてから3日目に初めてメッセージが届きまして…。
引用:App Storeプレビュー

即アポでホテルinできたといった魅力的な口コミもありました。

恋活が多めのアプリであり、下心がある方にも有効活用できるアプリであることは確かです。

一方で、真面目な会員が多いと感じている人もいるようなので、そのあたりは感じ方によって印象が異なるのでしょう。

若者中心のアプリであり、ぼったくり業者としては旨味(高収入)のある会員が少ないことも事実。

したがって、ぼったくりバーに連れて行かれてしまう可能性はかなり低いアプリと言えます。

タップルを使ってみる

マッチングアプリのぼったくりでよくあるQ&A

ぼったくりバーはどんなところにあるの?

ぼったくりバーは東京や大阪などの市内を中心にあります。基本的にはキャバクラやホストクラブなどが入っているビルにお店をかまえていることが多いです。人通りが少ないところにお店があることが多いので、少しでも怪しい場所に入ったら逃げる準備をしておくようにしましょう。

ぼったくりで警察に対処してもらうことはできる?

2019年頃からぼったくり被害が増えたこともあり、警察に電話することで対処してもらえます。しかし被害内容によっては対処できない事例もあるため、具体的な説明が必要となります。

ぼったくりが多いマッチングアプリは存在する?

マッチングアプリにはサポート体制があるのでぼったくりは少ないですが、無料で利用できるアプリはぼったくりが多いです。誰でも利用できるので安全な環境が整っておらず、実際に被害にあっている人も多いです。そのためマッチングアプリを利用するときは、どのようなサポート体制があるのかを事前にチェックしておくようにしましょう。

ぼったくられたお金を返してもらうことはできる?

専門の弁護士に相談することでお金を返してもらうこともできます。しかし返金までには時間がかかるので、妥協せずに手続きをこなす必要があります。

まとめ

マッチングアプリを利用する時は、ぼったくりバーへ誘導する女性に注意しましょう。

積極的に会おうとしてきたり、飲みの誘ってくる女性には要注意です。

女性からの積極的な誘いに対して、ついテンションがあがってしまうかもしれません。

しかしほとんどの場合何かしら裏があります。

女性の言いなりになって、ホイホイついて行ってしまうのは、良いカモになるだけです。

ぼったくりバーへ誘導する女性に騙されたくないなら、今回の記事を参考に怪しい女性を見破りましょう。

参考出会い系・マッチングアプリで気をつけるべきサクラ・業者の特徴とは

参考マッチングアプリにいた「やばい地雷女」まとめ【体験談と対処法を紹介】

参考マッチングアプリにいたやばい男との体験談【ヤリモクに写真詐欺】

参考マッチングアプリで怖い思いをしないためにやるべき5つのこと【初心者必見】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です